あなたに合った【やり方】の見つけかた(&落とし穴)

起業コンサルタントの和田洋祐です。

僕は今、【想い起業塾】という起業塾を運営しています。

 

その中で、
塾生にどんなふうに指導しているかというと、

ひとりひとりバラバラ

です。

 

もちろん核となる部分は共通しているのですが、

基本的に、その人ごとにアドバイスを変えています。

場合によっては、
塾生Aさんと塾生Bさんに言うことが、
真逆のことさえあります。

 

例えば、集客

コンテンツが決まって、
さっそくこれから発信して集客していきましょう
となります。

 

そのときに、全員に同じように、

「Facebookやりましょう」
「アメブロやりましょう」
「メルマガやりましょう」

とは言わないです。

たまたま同じになることはありますが、
たまたまです。

ある人はFacebookかもしれないし、
ある人は交流会でのリアル集客になるかもしれないし、
ある人はチラシ集客になるかもしれません。

 

「どのやり方をやるか」は重要ではありません。

 

重要なのは、

そのやり方を、どんな基準で選んでいるか?

です。

 

 

てなわけで今日は、

僕がコンサルをするときに
どんな基準で「やり方」を選んでいるか

を公開しちゃいます。

 

 

僕の「やり方」の選択基準

何かを決めるときはいつも、
以下の3つの優先順位に従って決めています。

 

優先順位1位:「強み」を使う

「強み」とは簡単に言えば、

「あなたが頑張らなくても勝手にうまくできてしまうもの」

のことです。

 

例えば、集客

例えば、
交流会とかに行くといつもなぜか
初対面の人とすぐ仲良くなっちゃって、
でそれで紹介とかももらえて、
会社の営業の仕事もそんな感じで頑張ってないのに良い成績出しちゃった

みたいな人は、
「対面で素早く人と仲良くなる強み」がありそうなので、

それを活かしたら起業の集客でも、
「リアル集客」が良いかもしれません
(交流会行くとか紹介とかね)。

むしろFacebookとかブログとか一切やらなくてもいいかもしれません。

 

「強みを使う」とはこういうことです。

 

しかしこの「強み」。

自分では、なかなか気づくことができません。

なぜかというと「強み」とは、
「自分では当たり前にやってしまっていること」
だったりするからです。

自分では当たり前に、
というか意識すらしてないので、
自分で気づくことは極めて難しいといえます。

(人に言ってもらっても最初は、
「は?なんでそれが強みなの?」となったりします)

なのでこれは、
「強み」を見れる人にきちんと見てもらうことが大切です。

 

 

優先順位2位:「王道」をやる

しかしこの「強み」、
いつでも今の状況で使えるものが見つかるとは限りません。

多くの「強み」は、
実践していく中で見えていくものなので、
最初から全部わかるわけではないのです。

だから、
「集客に使えそうな強みは、今のところわからない」
ということはたくさんあります。

 

そういうときがこの優先順位第2位、
「王道」の出番です。

 

「王道」とは何かというと、

「多くの人がうまくいっているやり方」

のことです。

 

また集客を例にしますね。

 

例えば、

個人で新しく事業をスタートさせるなら、
割とオールジャンルで「王道」となるのがFacebookです。

女性性が強いビジネスだと、
アメブロは「王道」になります。

ある程度集めたお客さんをさらにファン化させていく上で
「王道」となるのが、メルマガや最近ではLINE@です。

治療院やサロンなど、
地域性が重要なビジネスでは、
チラシが「王道」になります。

 

こういうのは、挙げ出したらいくらでもあります。

これは、あなたの強みがどうとかではなく、
一般的に、そのジャンルでうまくいきやすいもの
です。

強みが使えない状況なら、
まずはこの「王道」をやってみるのが一番良いでしょう。
うまくいく確率が一番高いからです。

ちなみに、
FacebookならFacebook、
アメブロならアメブロで、
使い方の「王道」があります。
もうこういうのは知ってるか知らないかだけですね。

 

優先順位3位:「邪道」をやる

しかしこの王道、
必ずすべての人がうまくいくわけではありません。

例えば、
「王道率」(=そのやり方でうまくいく人の割合(※和田の造語))が
「80%」のやり方があったとしたら、
20%の人は、うまくいかないわけです。

どんな「王道」でも、100%ということはありません。

「このやり方をやれば誰でもうまくいく」は、ウソです。

なので「王道」をやっても、うまくいかない場合があります。

 

そのときに取り入れるのが、「邪道」のやり方です。

 

「邪道」とは、

「あなただけの、うまくいくやり方」

です。

 

実はこの「邪道」、
優先順位1位の「強みを使う」とほとんど同じです。
どちらも「あなただけのやり方」です。

他の人からするとあり得ない方法でも、
あなたにとってはドンピシャな方法です。

まず「王道」に取り組んでいく中で見つかってくるのが、
この「邪道」ですね。

 

でもここで注意しなければならないのは、
「邪道」を自分で見つけようとすること
です。

「王道」のほうがいいのか
「邪道」のほうがいいのか
は、自分で判断しようとすると、
まず間違いなく失敗します。

どれくらい「王道」を試した方がいいのか、
本当に「王道」が合ってないのか、
「王道」を諦めて「邪道」にいくのはどのタイミングなのか、
自分にとっての「邪道」の方法は何なのか

こういうのは自分で決めようとすると、
「主観」が入りまくります。

「やっぱ自分オリジナルがいい!」とかは
完全に主観的な判断ですね。

基本的にはやっぱり「王道」がうまくいく人が多いのです
(だからこそ王道なんですが)。

 

 

よくあるパターン

この、

「強み」「王道」「邪道」

どれかひとつに偏ると、うまくいきません。
人を教えるときもそうです。

 

①「強み」に偏るパターン

とにかく「自分の強みを活かそう!」になります。

しかし、強みとか考えずに
一般的なやり方をやっていくほうが
効果的な場合はたくさんあります。

目的が「強み発掘」になってしまうと、
起業はなかなか進みません。

「強み」のほとんどは、
「強み」がどうとか考えずに行動する中から見つかっていくのです。

 

②「王道」に偏るパターン

これ、すごくたくさん見かけます。

「1つのやり方偏重型」の人たちです。

まあ多くは、
「自分の成功パターンを他の人にも当てはめようとしている」
ということだと思います。

Facebookやりましょう、アメブロやりましょう、メルマガやりましょう、LINE@やりましょう、ワードプレス作りましょう、お茶会やりましょう、自撮りしましょう・・・・・・

もちろん、そのひとつひとつは「王道」かもしれません。

でもそれが、合わない人も確実にいるのです。

 

③「邪道」に偏るパターン

これはどういう感じかというと、

「とにかく自分のやりたいようにやったらいいよ♪」
「自分らしくやろう♪」

という感じです。

もちろん、自分らしくやるのは大事です。

ただ、
それによって自分のやりたいことが形にならなかったり、
伝えたい人に届かなかったり、
自分の人生の可能性が狭まるのは、
あまりいいことではないかもしれません。

 

 

まとめ

僕はクライアントさんの「やり方」を決める基準として、

①「強み」を使う
②「王道」をやる
③「邪道」をやる

という優先順位を持っています。

そしてこのそれぞれに偏らないことが大事です。

 

それが、あなたの想いをカタチにする、
一番の近道なのではないかと思っています。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA