「私、ブレやすいんです」の正体はこの3つ

%e3%81%bb%e3%82%99%e3%82%93%e3%82%84%e3%82%8a%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

起業コンサルタントの和田洋祐です。

起業のコンサルティングをやっていると、
こういうことを言う人がたまにいます。

「私、ブレやすいんです・・」

 

ちなみになぜだか
これを言う人は、ほぼ女性です。

そして本人は、そのことを気にしています。
マイナスポイントだと思っています。

「『ブレやすい』という欠点があるから、
いつも前に進むことができなくて、
自分ってダメだなあ」
と感じているわけです。

 

しかし、
「ブレやすい」という言葉は、
とても漠然としています。

「ブレやすい」って、どんな意味なんでしょう?
きっと「意思や好みが変わりやすい」「継続力がない」
みたいな意味かと思うのですが、
おそらくみんな、
「なんとなく」使っている言葉だと思います。

しかし、
この「なんとなく」の言葉を使うからこそ、
本当に見るべきところが見えなくなることがあります。

 

今回はこの、
「ブレやすい」という言葉の奥に潜むあなたの正体を、
考えてみたいと思います。

 

「私、ブレやすいんです」の正体は、この3つです。

 

①「本当にやるべきこと」から逃げているパターン

1個めは一番キツいやつ、いきますね(笑)

ある一定のところまではできるけど、
そこまでいくといつもやめたくなってしまう。

例えば、

・いつもアイディアを思いつくところまではいいけど、
人に伝えようとすると躊躇してしまい、
「やっぱこれじゃなかったのかも」と思ってしまう。

・計画は練りに練るし勉強もたくさんするけど、
いざ行動に移そうとすると、
「やっぱり違うかな」と思ってやめてしまう。

 

これは、「ブレやすい」ではないです。

気が変わったわけではないのです。

自分にとって怖いことを避けたいから、
「やっぱ違ったんだ」ということにして
見てみないフリをしているだけです。

その場では見てみないフリをしても、
同じ問題は形を変えて何度も表れます。

それを何度も経験していく中で、
「ああ、私ってブレやすいんだ」
という勘違いをします。

ブレやすいのではないのです。
自分が前に進む道は、いつだって目の前にあったのです。
「本当にやるべきこと」に勇気をもって飛び込むしかないのです。

 

②「ブレやすい」が強みであるパターン

「ブレやすい」というのが
実は強みであるというパターンもあります。

こんな人に多いです。
↓ ↓
「これまでやってきたことに対して、
自分では達成感や満足感があったけど、
ふと周りの人と比べてみたとき、
自分は何に関しても長続きしなかったし、
すぐやめちゃったんだなあと思う。
◯◯さんみたいにひとつのことをやり続けられる人はすごいなあ・・。」

こういう人は、
持って生まれた強みが関係している場合が多いです。

どういう強みかというと、
例えば、
「広く浅く様々なことにアンテナが立ち興味を持てる強み」
「何に対しても順応して一定レベル以上のレベルに達する強み」
「ひとつのことを習得するスピードが速い強み」
などなど。

 

こういう人の場合は、
ブレてください。

ブレることが強みです。

逆に変に他の人に合わせようとして、
ひとつのことを極めようなどとすると、
とても苦しいし、結局極められません。
だってそういう強みを持っていないからです。

世の中的には、
「ひとつのことを極めた人」
がもてはやされる傾向がありますが、
単にそれは「目立つ」からというだけです。

そこまで目立っていなくても、
「ブレやすい」強みを活かして
豊かに生きている人はたくさんいますので、
そういう人と出会えると良いかもしれませんね。

 

③無意識でいつも心のブレーキを引いているパターン

「私、ブレやすいんです」と言うことで、
無意識に心にブレーキを引いているパターンです。

①と似ていますが、ちょっと違います。

①は、目の前に自分の課題がありながら
それを割けるために「ブレる」という話題を
持ち出してきていますが、

③は、そういうわけではありません。
これまでの人生的にも、
客観的に見てそれほど「ブレて」いたわけではないですし、
今目の前に乗り越えるべき壁があるわけではありません。

しかしこの人は、
壁にぶち当たるずっとずっと前から、
心に予防線を引いて生きてきた人なのです。

ある意味①の人よりずっとずっと強く、
壁にぶち当たることを怖れている人です。

だからこそ世渡り上手的な側面も磨かれ、
その一端が「私、ブレやすいんです」という言葉に出ます。

「ブレやすい」という仮面をかぶっておけば、
自分が本当に心を強く惹かれるものにも出逢いにくいですし、
本気で打ち込む何かや、
本気で愛する人にも出逢いにくいからです。

 

③に関しては、
「私、もう年だから」
「私、高卒だから」
「私、可愛くないから」
「私、バカだから」
なども、全部同じです。

こういう人の場合は、

「なぜ、自分は自分に『ブレやすいから』と言い続けてきたんだろう?
そして本当は、どう生きたいんだろう?」

という問いをしてみてください。
ゆっくりとゆっくりと、何かが変わっていくかもしれません。

 

 

以上、「私、ブレやすいんです」の正体3つでした。

 

あなたは、どのタイプでしたか?

 

 

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)


起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター

和田洋祐 

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA