「転」 ― 2018年まとめ

2018年のスタートは、とても苦しいものだった。

2017年の年末に、
それまで心血を注いできた仕事をやめざるを得なくなり、
そうは言っても落ち込んでいる間もなく、
とにかくその月を生きるために必死で仕事を作ってひたすら働いた。

そんな状態でもなんとか売上は上げられたことは自信になったけど、
でも同時に、もうこれを続けていくのはキツイな、と思った。

何がキツかったかというと、
「寂しい」ということだ。

「ひとりで、自由にビジネスをやる」

数年前までずっと憧れていたそんな生き方が、
僕に合っていなかったのは明白だった。

だから個人事業主時代も後半のほうは、
業務委託でチームに入っての仕事がメインとなっていた。

しかし上に書いた出来事があり、
今年の1〜4月は再び個人で動いていた。

いや、もうね、今だから言うけども、
本当にキツかったんだ。

ちなみにその頃アニメにハマった。笑
「けいおん!」にハマった。
好きなことを好きな仲間と全力で楽しむのって最高だなって、
けいおんを見ながら思って泣いたw
とても落ちていた4ヶ月だった。

でも、そういう体験をして、
自分にとって大切なこと、
自分の好きな働き方というのが改めて見えてきた。

やっぱり、仲間と一緒に働きたい。

それを痛切に感じた。

そして、そこから僕は再び企業で働く道へと戻った。

一度独立してから企業に戻るとか、
まあ「失敗した」とか思われんだろうなとかも思った。

でも、そんなことよりも、
自分にとって大切なことを大切にしようと思った。

そこからは、マジで、一気に変わった。

本当に仕事が楽しくて。

あとは、いろいろと安定した。
てかさ、会社員ってすげえよなと。
好きな仕事ができて、そんで毎月お金の心配をしなくていいとか。
あと週2日休みとかなんなん?
いやマジ最高すぎだろと。

仕事ではYouTube関連事業のベンチャーの
マーケティングマネージャーをやってて、
最近はセールスチームにも関わっている。
YouTube業界を選んだのはたまたまだったけど、
すごいトレンドが来てる業界に身を置くことができてラッキー。
個人じゃ使えないリソースと情報が使えてガンガン動ける。

僕のチームはまだ8人くらいなので、
社長とダイレクトにやりとりできて
自分次第で事業の中枢に関わることができる。

この環境でヌルくやっててもしょうがないので、
大きい目標にコミットしてガンガンやってる。

 

よく、
「個人事業主のときと比べてどうですか?」
と聞かれるけど、

僕の答えは
「間違いなく今が一番楽しい!」
です。

あと、
「また独立しようとか思わないんですか?」
もよく聞かれるけど、

僕の答えは、
「もう個人ではやらない。次は組織の経営者をやりたい。」
です。

少なくとも今のところは、個人事業主はもういいかな。
2年間、自分なりにやり尽くしたと思う。
個人でそれなりに人に価値を提供しお金を稼ぐ経験もできた。
その結果、自分には合わないことがわかったのは大きい。

やっぱり自分は組織が好きだ。
そして経営もすごく面白いし好きなので、
次は経営者がやりたいなと。

ということで今の目標は、
今の会社で経営を担えるようになること、です。

と同時に、YouTube関連で個人としての実力も
つけていきたいと思っているので、
2019年もどんどん動いていきます。

 

苦しいスタートから一転し、
最高の働き方ができているので、
いろいろあったけど今年も前に進んだ一年にできたなと。

ということで今年の漢字は「転」です。

1年後なんて想像もできないけど、
2019年も想像を超えるような1年にしていきたいなと思っています。

関わってくださった方々、本当にありがとうございました。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

「挑」

和田洋祐です。

今年もついに大晦日です。

毎年早い早いと思いつつ、
しかし今年も、
年始の頃の自分が思い出せないくらい
すごいスピードで変化した1年でした。

 

ということで今年も、

大晦日の恒例行事、やります。

 

「今年の漢字」

です。

(たぶん11年くらい続けてます)

 

 

今年の漢字。

 

それは

 

「挑」

 

です。

 

 

本当に、

多くのことに挑戦した1年でした。

 

もちろん、
毎年挑戦はたくさんしています。

しかし、
今年は特に
自分の事業を大きく変えるような
決断を何回も下し、

そして
それ相応の挑戦を
してきたと感じます。

 

▼2月:
それまでの個別コンサルの
スタイルを変え、
起業塾をスタート。

▼5月:
それまでの個人事業メインから、
ホンモノ経営塾のコアメンバーとしての活動を
主軸にする決断を下す。
その後未経験ながら、
マーケティング責任者として
大きな目標にコミットすることに。

▼12月:
個人事業の主軸として、
ライティングを中心に据えて
活動することに決める。

 

 

ただ、
僕が「挑」を今年の漢字にしたのは、
単に新しいことを
始めたからではありません。

 

なぜ、「挑」の1年だと思ったか?

 

それは、

 

「本当にたくさんたくさん失敗をしたから」

 

です。

 

失敗の数・大きさで言えば、
今年はたぶん過去最大です。

 

今までうまくいっていたことが
全くうまくいかなくなったり、

事業の予測が外れまくったり、

まさかの事態が起きたり、

メンタルがやられて
半月以上動けなかったり、

お金に本当に困窮したり、

自分の実力の無さに
悔しくて泣いたり、

 

本当に本当に
失敗ばかりの1年でした。

 

本当はいろいろ詳細に書きたいのですが、
今はまだ書けない系のことばかりなので、
ゆくゆくどこかで
ひとつずつ伝えていきたいと思います。

 

 

 

でも

やっぱりこう思う。

 

失敗は、挑戦の勲章

 

なのだなと。

 

 

過去最大の失敗は、

過去最大の挑戦から生まれる。

 

だから、
この1年、
未知の領域に挑戦し続けた自分を、
讃えたいと思う。

 

 

もちろん失敗だけじゃない。

たくさんの素晴らしいものに出会えた。

 

一番大きかったのは、仲間。

 

やっぱり、
ビジネスはチームでやりたい。

改めてそう思った。

仲間と同じ目的に向かって
本気でコミットして動いていく。

それが本当に楽しかったし、

ああ、
俺はこれがやりたいんだなと
そう感じた。

 

 

 

挑戦は、
本当に大事なことを教えてくれる。

自分が大切にしたいこと

自分が進む道

本当の自分

 

だから2018年も、

僕は挑戦を続けていく。

 

 

短期的な結果だけでなく

本当の自分の実力を高める、

そんな2018年にする。

 

そんな新年への抱負をもって、

残りの2017年を過ごしていきたいと思います。

 

 

今年僕にどこかで関わってくれた皆様、

本当にありがとうございました。

 

2018年も、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2017年12月31日

和田洋祐