グチャグチャな文章でも、想いは伝わるよ。

起業コンサルタントの和田洋祐です。

「ブログやFacebookやメルマガ、いつも読んでます!」

「どうやったら、和田さんみたいに伝わる文章が書けるんですか?」

 

最近、初めてお会いする人にも
こんなことを言っていただけることが増え、
とても嬉しいです。

みなさん、いつも読んでいただいてありがとうございます!

 

僕は、
コピーライティングみたいな「技術的に書く文章」とか、
お悩み解決記事みたいな「論理的に書く文章」も得意ですが、

でももともと一番得意だったのは、
そういう文章じゃありませんでした。

 

もともとは、
割とポエム的な文章書いてました(笑)

 

自分が感じたこととか想いとか、
そういうのを徒然なるままに、
SNSに書いたりしてました。

 

別にそのときからビジネスをやっていたわけではないので、
目的は特になく
ただ書きたいから書いてただけなんですが、

たまたまそれを読んで
「感動しました」
「元気をもらいました」
「癒やされました」
みたいなコメントをもらったりしていました。

特に何も考えず書いてましたが、
それで喜んでくれる人がいたわけです。

 

僕の想いが、読む人に伝わっていたんですね。

 

 

そういうふうに、
「自分の想いを、文章で伝えたい」
と思っている人も多いと思います。

 

なので今日は、

「想いが伝わる文章とは、どういうものか?」

について、書いてみたいと思います。

 

 

想いが伝わる文章とは?

結論から言うと

 

想いを伝える文章って、
「書き方」は、なんでもいいんです。

グチャグチャだって、伝わります。

文章の上手い下手とかは、あまり関係ないんです。

 

b829b5aacf0106034c1ed1fe68f34faf_s

 

 

僕も今でも「想いを伝える文章」を書きますが、
特に書き方とかは何も考えていないです。

 

 

じゃあ何が、「伝わるかどうか」を決めるのか?

 

 

 

それは、

「自分が心からのメッセージを持っているかどうか」

です。

 

 

「心からのメッセージ」とは何か?

それは、

自分がずっとこだわってきたこと
自分にとって譲れない大切なこと
自分がずっと考えて(悩んで)きたこと
自分がついワクワクしたり楽しくなってしまうこと
自分がずっと求めてきたこと
なんかよくわかんないけどすっごく伝えたいこと
なんかよくわかんないけどすっごく大切だと思うこと
これおかしいじゃん!間違ってるじゃん!と思うこと
・・・
etc.

 

そういうものが、「心からのメッセージ」です。

 

これがある人の文章は、
やはり人の心に響いてしまうものなのです。

もちろん全員の心に響くことはありませんが、
必要としている人の心に、響いていきます。

たしかに、文章の上手さも関係ないわけではありません。
が、それが決定的な要素とはなりません。

ぶっちゃけ、グチャグチャな文章でも、響く人には響くんです。

 

 

「自分には、そんなメッセージなんて無いよ・・」

 

そう、思うかもしれません。

 

でも、今、それがなくてもいいのです。

 

自分にとって大切なものは、何だろう?

それを、見つけようとしている姿勢。

自分の人生を、生きようとしている姿勢。

 

それが、最も大切です。

 

「自分にとって大切なものを見つけたい」

真剣にそこに向き合って生きていると、
それそのものがメッセージとなり、人の心に響きます。

 

 

逆に、いくら文章のスキルがあっても、
自分という人間と真剣に向き合っていない人の文章は、
どこか深みに欠けるものです。

 

だから、人の心に響く文章を書くなら、

自分と向き合い、自分の人生を生きようとすること

それが一番大切なのです。

 

(あ、当然ですが、
書き続けないと書けるようにはならないので、
書き続け、発信し続けることは大前提です)

 

 

 

不完全なあなたでいいから、表現してみてください。

いや、

不完全なあなたの、グチャグチャな文章だからこそ、心に響くのです。

 

下手に取り繕おうとしないこと。

キレイに見せようとしないこと。

そのままのあなたをまっすぐ表現すること。

それが、「想いの伝わる文章」だと思います。

 

 

文章の力って、すごいんです。

まだ出会ったこともない人に自分の想いが伝わり、
自分の知らないところで
人の心に響き、勇気づけ、癒やし、笑ったり感動したりするんです。

 

 

きっと、あなたを必要としている人がどこかにいます。

 

その人に向けて、まっすぐ、ぜひあなたの想いを発信してみてください。

 

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

長文ブログは嫌われる?

起業コンサルタントの和田洋祐です。

起業のためにブログなどを書いている人(特に女性)から、
こういうことを言われることが多いです。

 

「私のブログはいつも長くなっちゃうんです・・」

「やっぱもっと簡潔に書いたほうがいいですよね?」

 

 

結論から言うと、

 

関係ありません。

 

 

面白いブログなら長くても読まれるし、

気づきや面白さがなければ短くても読まれません。

すごくシンプルなことです。

 

その人にはその人の文章のスタイルがあるので、
長く細かく書いて伝わる人もいれば、
簡潔に言い切る文章で伝わる人もいます。

そこはたくさん書いていくうちにつかんでいくしかないです。

 

 

ただ、読みやすくする工夫はあってもいいですね。

・改行する
・文字装飾を使う
・画像を差し込む

など。

やはり黒文字だけで改行も少ないと、
読むのに疲れてしまうということは起こりやすいと思います。

 

 

ちなみに僕はどちらかというと、
いつも文章が長くなるほうです。

でも今日は、敢えて短い文章で終わらせてみます。

さあ、いつもの文章と、どっちがいいと思いましたか?

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

ブログでノウハウの出し惜しみはするな!

起業コンサルタントの和田洋祐です。

ブログやSNSでの発信で、
こういうことを気にしている人が結構います。

 

「ブログで全部書いちゃったら、
それを読んで満足しちゃって、
セッションには来てくれなくなっちゃうんじゃないかと思うんです。
だからブログでどこまで書けばいいかわからなくて・・・」

 

 

もう、今日は結論からズバッといきますね。

 

 

ブログの段階から、
ノウハウは「全出し」でOKです!

 

 

なぜ「全出し」でOKなのか?

そもそも発信することの意味とは、

「読み手からの信頼度を積み重ねる」

ということにあります。

 

ものすごく簡単に言えば、
信頼度がすごく高まればお申込みにつながるのです。

※このあたりの詳細はこちらにまとめてありますので
ぜひ読んでみてください。
「なぜ、体験セッションのお申込みには波があるのか?」

 

 

例えば、

あなたの書いたブログを読んだことで、
長年抱えていた悩みが解決し、
人生がものすごく変わっていった人がいたら

どう感じると思いますか?

 

や、超・感謝されますよね。

 

そして、超・信頼感MAXになりますよね。

 

うわーー、この人すげーー!みたいな。

 

そのときは解決しちゃってるので、
セッションには申し込まないかもしれません。

 

でもたぶんその人、
あなたの記事が気になるようになります。

次からもブログ読みます。
メルマガも登録します。

で、またあなたの記事で悩みが解決したとします。

もう、完全にファンになります。

良い記事があったらシェアするかもしれません。
周りに必要な人がいたら紹介するかもしれません。
あなたに会いたいためにセミナーに来るかもしれません。

そして、
ブログを読むだけでは解決できない問題が出てきたときに、
あなたのセッションを申し込むでしょう。

 

 

そもそも、文章とリアルが同じ価値なわけがない

ただ、正直、
文章を読むだけで問題が完全に解決するというのは
かなりのレアケースです。

深い気づきや学びは起こるかもしれませんが、
それで完全に解決、ということはなかなかありません。

 

なぜなら、

結局人を変えるのは、知識だけではないからです。

 

冷静に考えたらわかります。

文章で伝わるエネルギーと、
対面で伝わるエネルギーが
同じであるはずがありません。

 

好きなアーティストの
CD聴くのと
ライブ行くのが
同じなわけないでしょ、
ってな話です。

 

余談ですけど、「CD」ってもはや古いっすね。。
今の小学生とかわかるのかな。。

 

 

たとえ内容の知識的なものが同じだとしても、

・対面でのエネルギー感、ライブ感
・五感で伝わる情報量
・自分だけに個別化された内容

というように、
ブログでは伝わりきらないことなどたくさんあるのです。

 

だから、
自信を持って、
「全出し」してください。

ブログを読んでくれる人の悩みや欲求を、
これでもか、ってくらいに解決しまくるような
記事を書いてください。

そうしたらあなたのブログにはファンができ、
次第にお申込みにもつながっていくことでしょう。

 

僕もいつも、
まったく出し惜しみせず、
このブログを書いていますよ♪

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期 プレセミナー詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

心を震わす、文章の書き方

起業コンサルタントの和田洋祐です。

突然ですが、
この文章を読んで、どう思いますか?

↓↓↓

 


「私も前までは、すごくモヤモヤしていたんです。

なんか自分に自信も持てなくて・・
やりたいことにもなんだか一歩踏み出せなくて。
そんな自分が嫌でした。 

でも今では、そんな自分がすっごく変化したんです。
自分にも自信が持てるようになって、

行動力もつきました。
どんどん成長している感じがするし、いつも楽しいんです。
今はとっても幸せです。 

なぜ私がこんなに変われたのかというと・・・」

 

 

もちろん、感じ方は人それぞれだと思います。

 

でもたぶん、

 

「この文章を読んで、すっごく心が動いた!!」

 

という人は、少ないのではないかと思います。

 

 

 

では次に、この文章はどうでしょう。

↓↓↓

 


「私も1年前までは、すごくモヤモヤしていたんです。
会社では怒られてばかりで、へこむ毎日でした。

理不尽な上司もいたけど、何も言い返せませんでした。
そんな自分にも嫌気がさしていました。
会社は嫌だけど・・でも辞めたら生きていけない。

そんなふうに思っていました。 

でも、私には、本当はやりたいことがあったんです。
小学生の頃からずっと絵を描くのが好きで、
絵を描いているときだけは、幸せな気持ちになれたんです。でも、中学生の頃に母親から
「絵なんて描いててもしょうがないでしょ、勉強しなさい」
と言われてから、
絵を描くことはどこかで諦めてしまったんだと思います。

その後も絵は描いていたけど・・
「そんなことしても意味がない」
とどこかで冷めている自分がいました。
会社に入ってからは、絵のことなんて考えないようにしよう、
それよりもどうにか上司に怒られないように今日を過ごそう、
そんなことばかり考えるようになっていました。

たぶん心のどこかで、絵を描きたい気持ちは残っていました。
でも、なんか自分に自信も持てなくて・・
結局は何も行動せず、

苦しい毎日だけが続いていきました。
本当はやりたいことがあったはずなのに、
やりたいことにもなんだか一歩踏み出せなくて。

そんな自分が嫌でした。

でも今では、そんな自分がすっごく変化したんです。
絵を、また描き始めたんです。
描き始めたら、なんで今まで描いてこなかったんだろうって思うくらい、
本当に満たされた気持ちになれたんです。
「やっぱり私のやりたいことはこれだ」
そう確信しました。

自分にも自信が持てるようになって、
行動力もつきました。
例えば、実力はまだまだだと思いながらも、
コンクールに応募してみたんです。

そうしたら、自分でもまさかの入選を果たしてしまいました。
小さいコンクールですが、本当に自信になりました。
今までの自分だったら、絶対にこんなことはしなかったと思います。

どんどん成長している感じがするし、いつも楽しいんです。
会社でも私が楽しそうになり始めたら、
あの嫌だった上司の対応も変わっていったんです。
普通に話しかけてきたりして。

だから会社も楽しくなっていきましたが、
ついに先月、会社を辞めました。
これからは絵でなんとか生きていこうと思っています。
そんな今はとっても幸せです。

なぜ私がこんなに変われたのかというと・・・」

 

 

オレンジ色で書いた部分が、
最初の文章へ追加した文章です。
黒い部分は、最初の文章と全く同じです。

 

ちょっと極端に書いたのはありますが、

圧倒的に後者の方が、
心を動かされる文章だったのではないかと思います。

 

なぜなのか?

 

単に情報量が多いから、ではありません。

 

答えは、

「後者の方が、圧倒的に具体的なストーリーだから」

です。

 

人は、具体的なストーリーになればなるほど、
その中の人に感情移入して、
心が動かされやすくなります。

 

 

また今回の例は、

「コーチングを受けたお客さんの体験談」

をイメージして書きました。

(※架空の人物です)

 

ここで、超・気をつけてほしいことがあります!!!!

 

しかもこれ、

コーチとか、カウンセラーとか、セラピストとか、

「心を扱う人たち」が、超・やりがちなやつです!!

 

 

それは・・・

 

 

「心理的な変化しか、書かない」

ということです。

 

これは本当に多くの人がやってしまっているので、
マジで声を大にして言いたい。

 

「モヤモヤ」
「自信がない」
「自分が嫌い」

「自信がついた」
「幸せ」
「楽しい」

 

もう本当にこういう表現は、

超・抽象的な表現なのです!!!!

 

こういう表現に終始していると、
ほんとに読み手に伝わりづらくなります。

「なんとなく良いんだろうな〜」
という感じにはなりますが、
心を大きく動かされることはあまりないです。

「ああ〜、よくあるやつ」
とか思われやすいです。

 

だから、必ず、「超・具体的なストーリー」を盛り込むのです。

 

超・具体的とは何なのか??

 

はい。

超・具体的なストーリーは、
「現実の変化」にあります。

 

いつ、
どこで、
何が、
どのくらい、
どうやって、
どうして、
変わったのか?

こういうことを盛り込むと、
どんどん具体的になっていきます。

どんどん読み手が文章に引き込まれ、
感情移入し、
心を動かされていきます。

 

心の変化ではなく、
現実の変化をもっと書くのです。

 

もちろんですが、
心の変化を書いてはダメと言ってるわけではありません。

心を扱う人はそこは得意なので、
もっと、現実的な変化を書くのです。

 

これは、
自分のストーリーを書くときはもちろんです。

自分のストーリーは、
自己紹介や告知文に使えます。

 

また、お客さんのストーリーを書くときは、
お客さんに具体的に話してもらえるように、
きちんと具体的な質問をするのです。

 

「どうでしたか?」
と聞くだけでは、
「モヤモヤしていたのがスッキリして、すごく幸せです」
としか答えられないかもしれないです。

こちらがきちんと、
具体的な、現実的な変化を答えられるような
質問をしてあげるのです。

「どんなことがモヤモヤしていたんですか?」

「スッキリして幸せになって、具体的には何か変わりましたか?」

そんなことを聞いてあげるだけで、
ずいぶん答えも変わってくるはずです。

 

 

今日は、

読む人の心を動かす文章を書くにはどうすればいいか?

について、
ひとつのヒントを書かせていただきました。

 

これを意識して書くだけでもかなり変わるので、
ぜひ活かしていただければと思います。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期 プレセミナー詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐