どうやったら、お客様を幸せにしながら売上も上がっていくのか?

起業コンサルタントの和田洋祐です。

昨日の体験コンサルでは、
結局、継続コンサルは提案しなかった。

「売るときに売ることは考えない」

というのは僕がメンターから教わった
とても大切なマインドのひとつなのだけど、
これは本当に大事だなあと思う。

 

では売るときに何を考えているのかというと、
「相手の問題解決」
ただその一点のみである。

 

相手が抱えている悩みや欲求が何で、
それはどうやったら解決していけるのか。

そして相手の望む未来は、
どうやったら叶えていけるのか。

ただそれだけを考える。

 

そのときに
「自分の商品を売ろう」
という思考が入ると、
相手の問題解決から逸れたほうにいってしまう。

相手の問題解決に対して、
自分の商品がその「手段」となるのなら
もちろん提案するけど、
そうでないと判断したら、もちろん提案しない。

 

あと、絶対に誘導しない。
自分の商品を売ることをゴールに
ヒアリングし誘導してしまったら、
それは相手にとって真の問題解決にはならない。

そうやって誘導して買わせたって、
絶対にその人の人生はその人が望む方向に行かない。

 

だから、
売るときは100%相手の問題解決だけを考えて、
売ることは一切考えない。

 

もちろん、
最初は「売りたい」という気持ちは出てくるので、
トレーニングは必要です。
それがセールスのトレーニング。
スクリプト作ったりロープレしたり録音して聞き返したり。
それは当たり前にやる。

 

でもそうは言っても、
売れなきゃ生活できないよね。

 

じゃあ売れないとき、何を改善したらいいのか。

 

それは、
「集める人を変える」
ということです。

自分が問題解決できないをいくら集めても、
自分はその人の役には立てないので、
結果として、商品も売れないわけです。

 

だから、
自分が高いレベルで問題解決できる人はどんな人で、
その人はどういう悩み欲求を持っている人で、
どこにいて、
どういう言葉に反応して、
何があれば自分に会いに来てくれるのか。

それを考えるわけです。

 

【売れない → 売り込む】

では決してなくて、

【売れない → 売れる人に出会う】

なのです。

ここを間違えたら絶対にいけない。

 

だから「売れるか売れないか」は、
お客さんと出会う前に決まっているわけです。

 

だから
大事なマインドのもうひとつは、

「売る場以外で、売ることを考え抜く」

ということです。

 

「売る場以外」というのは、
お客さんの目の前にいないとき、です。

 

お客さんの目の前にいるときは
お客さんの問題解決に集中しますが、

そうでないときは、
「どうやったら売れるか」
を考え抜くのです。

 

だって、それが経営者だから。

 

つまり
【専門家】の自分と
【経営者】の自分を
しっかり分けるということです。

 

【専門家】の自分は、
お客さんの目の前にいるときの自分。
そのときは、
売ることを考えず、
100%お客さんの問題解決のみに集中する。

 

【経営者】の自分は、
お客さんの目の前にいないときの自分。
そのときは、
どうやったら売れるか、売上が上がるか、
を徹底的に考える。
そして、会うべき人に会えるように、
必要な人に必要なものを提供できるように打ち出していく。

 

これを徹底していけば、
【お客様を本当の意味で幸せにしながら、売上も上がる】
というのが成り立つわけです。

 

もちろん僕もまだまだ完璧じゃないけど、、

でも、
絶対にお客さんを幸せにする経営をしたいし、
それは絶対に可能なのだということ。

そして僕のクライアントさんにも、
そういう経営をしてほしいなと思う。

それが、【美しい経営】だと思う。

 

クライアントさんに話を聞いてると、
「過去に、別のコンサルに売り込まれて嫌だった」
的な話を聞くことがあって
すごく残念な気持ちになるので、

僕は僕から、
【美しい経営】を実践して拡げていけたらいいと思う。

 

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)


起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター

和田洋祐にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村