起業の不安を消そうとするから、不安が消えない

起業コンサルタントの和田洋祐です。

起業はしたいけど、どうしても不安で自信もない・・

この悩みは、多くの方に共通のことだと思います。

もちろん僕もそうでした。
起業し始めるとき、発信するとき、親に言うとき、会社を辞めるとき、
たくさんの不安がありました。

 

不安なのはみんな同じです。

ではなぜ、
・不安で起業できなくなる人
と、
・不安だけど起業できた人
とに分かれるのでしょうか?

 

不安の解消方法、2つのパターン

ここで、そもそも不安の解消には、
大きく以下の2つのパターンがあります。

①不安をなくして、行動できるようになり現実を変える

②行動して現実を変え、不安がなくなる

 

①は、最初にメンタルにアプローチする方法です。
不安という感情をなくしたり、小さくすることで、
ストレスなく行動できるようにします。

例えば、カウンセリングやセラピー、
ブロック解除と呼ばれるものがその方法となります。

 

一方、②は、最初に行動にアプローチする方法です。
不安な感情があるままで行動し、現実を変えていきます。

現実が変わることで自分自身に対する感じ方が自然と変わり、
不安な感情が和らいでいきます。

 

どっちがいいのか?

メンタルへのアプローチと行動へのアプローチ、
どちらが良いというわけではありません。
状況によって適切な方を使うことが大切です。

 

ただ、経験的に言うと、
起業に対する不安の場合、
①のメンタルへのアプローチでは
なかなか前に進まないということが多いです。
感覚値ですが、9割以上の方が②を選んだ方がよいと思います。

そしてメンタルの改善に注目するあまり、
本当に必要な行動をせずにずっと同じところをグルグルする、
ということは多々あります。
(特にカウンセラー気質の人は、何でも内面にフォーカスする傾向があるので注意ですね)

つまり、
「不安をなくそうとするから、不安がなくならない」
という状態になってしまうのです。

 

なぜ、メンタルへのアプローチでは、起業の不安はなくなりづらいのか?

例えばわかりやすい例ですが、
「急にFacebookで発信し始めたら、今までの友達にどう思われるのだろう?」
という不安があるとします。

この不安を、メンタル的アプローチで取り除くのはかなり難しいと言えます
(解決できないorとても時間がかかる)。

なぜかというと、これは人間の本能とも言えるものだからです。
人間は社会性を持つ生物なので、多かれ少なかれ人の反応を気にします。
気にして当然なのです。

過去のトラウマがあるから、気になるのではありません。
人間だから、気になるのです。

それはそもそも「解除する」「癒す」ものではないので、
メンタル的アプローチではあまり変わらないことが多いのです。

 

行動することで不安を小さくしていく方法

まず、不安はあるままで大丈夫です。
そのまま、行動をします。

「いや、それが難しいんじゃないか?」
と思われそうですが、たしかに一人だとできないケースが多いです。
なのでメンターをつけたり仲間を見つけたりして、
「行動できる環境」を作ります。

一人ではできなかった行動も、
環境を変えればできるものです。

 

行動を継続していくと、遅かれ早かれ、
一定の確率で、必ず結果は出ます。

例えば、告知文があまりうまく書けなくても、
何度も告知していれば、人は集まります。

提案が上手くなくても、
何人かお客さんに会っていくうちに、
本命商品も売れていきます。

確率の問題なのです。

 

そして、そうやってうまくいったときに、
不安とは別の、大きな感情が湧き上がります。

例えば、
「お客さんに喜んでもらって嬉しい!」
「自分にもできるんだ!」
「もっと必要な人に届けたい!」

そういう感情を感じると、感情が上書きされます。

それまでは、「起業って不安・・」と思っていたのが、
嬉しい、できる、楽しい、など別の感情に書き換わっていくのです。
この段階では、最初の「不安で動けない・・」というときとは
全く違う状態になっています。

 

もちろん、また新しいステージへ進むときは、
不安はやってくるでしょう。
ただ、一度不安への対処を覚えると、
別の不安が襲ってきても同じように対処できます。

そうすると、
「不安でも、大丈夫。行動しよう。」
と思えるようになります。

不安でも行動でき、結局求めるものを実現できるのならば、
不安になるということは問題ではなくなるのです。

 

まとめ

起業の不安への対処をまとめると、
まずおすすめは、
②行動して現実を変え、不安がなくなる
の選択肢を選ぶこと。

そして、もしそれでも不安が大きすぎて全く行動できない状態なら、
①不安をなくして、行動できるようになり現実を変える
を試してみること。

この順番が、一番うまくいきやすい方法だと思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)


起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター

和田洋祐 

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村

「起業の不安」を手放してはいけません

起業コンサルタントの和田洋祐です。

起業って、不安ですよね。

僕のところに体験コンサルに来る方は、
軒並み不安を口にしますし、
僕も起業当初は不安でした。
というか、今でも不安はもちろんあります。

「本当に自分にもできるんだろうか」
「安定収入がなくなって大丈夫なのか」
「経験のない自分でも本当に必要とされるのか」
「親や旦那、妻、世間の人にどう思われるんだろう」

起業にまつわる不安は、挙げればキリがありません。

 

そこで出てくるのが、こんな言葉です。

「不安を手放そう」

でも、これをやってもたぶんうまくいきません。

「不安を手放す」
と聞くと多くの人は、
「不安という感情を、ないものとしてフタをする」
という対応を取ってしまうのです。

これでは、不安はなくなりません。

なぜなのでしょう?

 

%e4%b8%8d%e5%ae%89%e3%81%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7
起業の不安はどう解消したらいいのか?

 

起業の不安は、そもそもどこから来るのか?

そもそも、不安とは何なのでしょう?

それは、
「自分を守るための動物的本能」です。

例えば、原始時代をイメージしてください。
その頃の人間は、とても弱い存在でした。
洞窟に潜んでいるときはそこそこ安全ですが、
一歩外に出ればそこは猛獣たちのいる世界。
少しでも気を抜けば命を落としかねません。

だから、食料を探しに洞窟から出るときは、
最新の注意を払う必要があります。
また、外の世界も、何度も行ったことがある場所なら
どこにどんな危険があるか検討がつきますが、
初めての場所では、それもわかりません。

ですから、外に出たり、初めての場所に行くときは、
非常に慎重になる必要があります。
命を守るために。

そこで役立つのが、不安という感情です。
不安なくフラフラっと外に出ていく人間がいたら、
すぐに命を落としてしまうでしょう。

不安とは、「自分を守るための動物的本能」なのです。

 

起業の不安は手放せない

だから、いくら不安を手放そうとしても、それはできません。
本能だからです。

もちろん現代では起業など新しいことに踏み出しても
死ぬようなことはありませんが、
動物としての本能なので、不安が出るのは仕方がありません。

だから、手放すというのは無理な話です。
「食うな!」「寝るな!」「排泄するな!」
と言っているのと同じです。

不安という感情そのものを手放そうとしても、
手放せなくて自己嫌悪に陥ったり、
手放せたと勘違いして極端なポジティブになり、
あとで蓄積した感情が一気に吹き出したりします。

 

では、どうすればいいのか?

でも、不安が強すぎるままでは、
なかなか行動もできなかったりしますよね。

では、どうしたらいいのか?

そのひとつの方法が、これです。

「不安から逃げるために
しがみついているものを
手放す」

つまりは、不安から逃げているのです。

「不安を手放す」だと思っていたものは、
実は「不安から逃げる」だったのです。

不安から逃げることはできません。
だって、不安は自分の外側にあるのではなく、
自分の内側にあるものだから。

人は不安から逃げるとき、何かにしがみつきます。
それにしがみついていれば、
不安を感じない(ような気がする)からです。

でも本当は、不安を感じていないのではありません。
フタをしているだけです。
フタをし続けた感情は、
その中でドロドロになり、
もっと根深く解決困難な形に変わっていきます。

だから、「不安を手放す」ではないのです。

「不安を感じる」であり、
「不安と向き合う」であり、
「不安に飛び込む」なのです。

そのために大切なのは、
「不安から逃げるためにしがみついているものを、手放す」
です。

 

例えば、

「本当に自分にもできるんだろうか」
という不安を持っている人は、
「失敗しない選択」にしがみついているかもしれません。

「安定収入がなくなって大丈夫なのか」
という不安を持っている人は、
「リスクの少ない生き方」にしがみついているのかもしれません。

「経験のない自分でも本当に必要とされるのか」
という不安を持っている人は、
「資格取得」「とりあえず経験を積む」にしがみついているのかもしれません。

「親や旦那、妻、世間の人にどう思われるんだろう」
という不安を持っている人は、
「本音を言わない人間関係」にしがみついているのかもしれません。

 

まずは自分がどんな不安から逃げようとしているのか、
そしてそのために何にしがみついているのか、
それを理解していきましょう。

そして、そのしがみついているものを、
ひとつずつ手放していきましょう。

そうしていったとき、
何が変わるか?

「不安な感情」は、きっとそのままです。

変わるのは、行動です。

不安があっても、自分の求める人生に向けて行動していける自分。

そんな自分になったとき、きっとあなたの起業は前進していきます。

 

「でも、ひとりではなかなかそこまでできない・・」
そんな方は、ぜひ他人の力を使ってください。

もし、メンタル面も含めて起業のご相談をしたい方は、
体験コンサルにいらしてください。

きっと、「自分にもできるんだ!」と感じていただける時間になるはずです。

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)


起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター

和田洋祐にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村

あなたが前に進めない本当の理由

起業コンサルタントの和田洋祐です。

「自分の想いを発信して起業していきたいけど、
人の反応とか怖くてなかなか踏み出せない・・」

 

僕は、ビジネス経験ゼロの人の起業をサポートすることが多いので、
クライアントさんからはこういう悩みがよく出てきます。

でね、
「そこに心のブロックが作用しているんです!
だからそのブロックを取り除いてからじゃないと
前には進めません」
的な考え方があります。

 

実際に、いろいろセラピーを受けたり、
本を読んで自分なりに勉強したりする人もいます。

もちろん、
これが必ずしも間違いというわけではありません。
これが最初のステップとして必要な人もいます。

でもそれは、
感覚値ですが1割くらいの人です。
過去に大きなトラウマがあり、
それがあまりにも大きい場合などですね。

 

残りの9割の人は、
「ブロックを外す」というアプローチでは
うまくいきません。

前に進むために本当に必要なこととは・・?

なぜなら、
結局「やったことない新しいことをする」ということは、
どこまでいっても怖いし、不安なことだからです。

だから、
「その感情を取り除こう」というやり方では、
前に進めません。

ブロックがあるというよりは、
人として(というか生物として)正常な反応が出ているだけ
だからです。

 

なので、9割の人に必要なのは、これです。

「怖くても、不安でも、やる」

はい。
裏ワザも何もありません。
すごくシンプルです。

 

例えば、Facebookやブログでの発信。

発信していけばわかります。
意外と人が見てくれているということ。
喜んでくれる人がいるということ。
自分の中にある想い、それを伝える喜び。

もちろん、1回や2回の発信では気づけません。
ある程度時間はかかるかもしれません。

でも、やってみればわかります。
発信に対するブロックは、発信することで外れます。

 

例えば、お金のブロック。

金額を提示すること、お金を受け取ることは、
誰だって怖いのです。
でも、怖くても、お客様のためになることは、提案するのです。
怖さや不安を胸に秘めつつも、提案するのです。

お金に対するブロックは、お金を受け取ったら、外れます。
怖いけど一生懸命、お客様の問題解決のために自分のサービスを提案する。
それを続けていけば、お客様が喜んで買ってくれるということが、
一定確率で起こります。
最初は信じられなくてもイメージできなくても、必ず起こります。

お金を払う側のお客様が、「ありがとう」と言うのです。
僕も最初は、意味がわかりませんでした。
でも体感したらわかります。「これでいいんだ」と。

 

結局、
「怖くても不安でも行動する」
ということでしか変わらないことは
あまりにも多いのです。

「実際の体験」を通してしか、ほとんどのブロックは外れません。
体験せずにセラピーを受けても本を読んでも、
ほとんどの場合人生は変わりません。

 

でも、
「やりましょう」と言われてできたら
苦労しないですよね。

 

だから必要なことは、
「やる」と決断できる環境を作ることです。

メンターが必要なのも、
コンサルタントをつけるのも、
仲間が大切なのも、
「やる」と決断できるようになるからです。

 

そしてその「やる」のスイッチは、
人によって異なります。

だから自分のスイッチを見つけることが大事です。

自分のスイッチは、
考えて見つかるものではありません。
今できる小さな行動を起こし続けていくことで、
自然と見つかります。

 

僕ももしかしたら、
あなたのスイッチに
なれるかもしれません。

僕とかかわることで、
「やる」と決断できる自分になれるのか?

それを確かめに、一度体験セッションに来てみてください。

答えはどちらであっても、
その踏み出した一歩は、
これからのあなたの人生を変えていくことになるはずだから。

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター
和田洋祐

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村