キャッチコピーはストレートと変化球

起業コンサルタントの和田洋祐です。

ブログやFacebook、メルマガ、チラシ・・

何の媒体でもそうですが、

これらを使って集客する上で
最も大切なのは、
言うまでもなく「キャッチコピー」です。

 

キャッチコピーとは、
読み手が一番最初に目にする部分の文章
のことです。

ブログなら「タイトル」
Facebookなら「1行目」
メルマガなら「タイトル(件名)」
チラシでも「タイトル(大見出し)」

 

もちろん内容も大事ですが、
キャッチコピーのほうが大事です。

なぜかというと、

キャッチコピーで興味を持たれなければ、
「そもそも中身は読まれない」
からです。

いくら中身が面白いブログでもメルマガでも、
読まれなかったら何の意味もありません。

だから、
「いかに読んでもらうか」ということに
エネルギーを注ぐことが大事です。

 

しかし実際には、
なかなか読まれにくそうなキャッチコピーをつけている人が
多いのも事実です。

 

 

では、どんなキャッチコピーをつけたらいいのか?

キャッチコピーの要素はいろいろありますが、

まずは

「ストレートと変化球を投げ分ける」

というのを意識してみるといいでしょう。

 

例えば、僕は以前にこんな記事を書きました。

起業初期、「差別化」はしなくていい

起業コンサルタントの和田洋祐です。「自分のサービスは他の人と同じ気がする・・」「何か差別化しないと・・」起業に向けて活動している人から、こんなことを聞くことがよくあります。でも実は、「差別化しようとしている人」はうまくいかないんです。それはなぜか??


この記事の内容をざっくり言うと、

「『差別化が必要』という考えの根っこには、『自分が特別でありたい』という気持ちや、『差別化しないと選ばれないんじゃないか』という勘違いがある。
本当の差別化とは、お客様に提供していく中で後からわかっていくものである。」

という感じです。

 

このときはキャッチコピー(ブログタイトル)を、
起業初期、「差別化」はしなくていい  ・・・①
というものにしました。

 

しかし内容的に言うと、
次のようなものでもいいはずです。

自分の良さは、お客様が教えてくれる  ・・・②
ビジネスは、いつもお客様視点で考える  ・・・③

 

これでも、いいと思います。

②や③は、
ストレート系のキャッチコピーです。

内容で伝えたいことをそのまま表すのが
ストレート系のキャッチコピーです。

 

 

変化球の重要性

しかしですね。

野球がわかる人は、野球をイメージしてください。

たしかに「ストレート」は
ピッチャーの投げる球の中でも最も基本のもので、
一番大切なものとも言えます。

しかし、いつもストレートばかりだったら、どうでしょう。
バッターに読まれてしまいますよね。
そして打たれてしまいます。

 

それと同じことが、キャッチコピーでも起きています。

ストレート系のキャッチコピーは大事ですが、
いつもそればかりじゃ、飽きてしまいます。

そして同じようなことは他の人も言っているので、
特に興味を持たれません。
すなわち、読まれません。
あなたが渾身の想いで書いたブログが、読まれません。

 

だからやはり、変化球を投げる必要があるのです。

ストレートも、変化球があってこそ威力を発揮します。
野球と同じです。

 

 

変化球系のキャッチコピーとは?

では、変化球系のキャッチコピーとはどんなものか?

僕が実際に使ったキャッチコピー
起業初期、「差別化」はしなくていい  ・・・①
は、変化球系のキャッチコピーです。

どんな変化球なのかというと、
「みんなが思っている常識を、否定する」
という変化球です。

起業をしたい人で、
「差別化はしたほうがいい」
と考えている人は、多いです。
これは僕が実際にクライアントさんと話していて知ったことです。

つまり、
「差別化はしたほうがいい」
というのは、
起業したい人にとっての「常識」なのです。

自分が持っている常識を否定されたら、
「えっなんで??」
となりますよね。

これが大事です。

キャッチコピーで驚きが生まれたり、興味が湧いたりすると、
当然ですが中身を読みたくなります。
だから読まれやすくなります。
これが、キャッチコピーの力です。

もちろん内容が説得力がなかったら
ただタイトルで煽っただけみたいになってしまうので
内容がしっかりしていることは当然ながら大事です。

 

 

他にも変化球はあります。

例えば、
僕は今まで、「差別化」を考えたことがありません  ・・・④
とかですね。

これはどんな変化球かというと、
「意外性」
の変化球です。

意外性は、
「自分がこう見られているであろう」
というイメージを覆す感じです。

例えば、
ある程度実績のある起業家なら、
「いろいろ戦略とかすごく考えているんだろう」
とか思われたりしています。

それが、
「差別化」という起業初期の人でも知っていることを、
「考えたことがありません」と言ってしまえば、
「意外性」が生じます。

つまり驚きや興味が生じるので、
中身を読んでみたくなるのです。

 

 

あと参考に、
この前「横浜中華街」でみつけた、
意外性バツグンのキャッチコピーを紹介します。

ラーメン博物館
完全にフザケてますが、ここまで記憶に残る街の看板、ありますか? これ作った人、天才だと思う。笑

 

 

まとめ

ストレート系のキャッチコピーも、もちろん大事です。

でも、みんなストレートばっかり投げすぎなんです。
すごく、もったいないです。
本当は内容はすごく面白いのに、
それが読まれず、必要な人に届かないというのは、
本当にもったいないことです。

ぜひ今日お伝えした「変化球」を活かして、
「中身を読んでもらえるキャッチコピー」
を意識していただけたらと思います。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

あなたのSNS・ブログからお申込みが入らない単純明快な理由

起業コンサルタントの和田洋祐です。

「これから自分で発信をしていこう」
と思う人がすぐに始めやすいのが、
SNSやブログなどですよね。

起業するかどうかはまだはっきりとは決めてなくても、
まずは発信してみる、
という段階もありますよね。

 

でもそんな段階の人たちがよく陥ってしまう

「もったいなさすぎる勘違い」

があるのです。

 

本当はあなたの発信、
もっと広がっていくかもしれないのに、
こんな勘違いをしてたらもったいなさすぎます。

でも意外と多いんだこれが。。

 

その勘違いとは何なのでしょう?

 

 

まずはこんな発言が出てきたら要注意

「やっぱ私にはこういうの向いてないと思ったんです」

「やっぱこの業界は難しいですよね〜・・」

「やっぱFacebookはもう厳しいんですかね〜・・」

「やっぱ私、文章とか苦手なんですよね」

 

 

こういう発言が出てきたら、かなり要注意です・・・・・

 

もったいなさすぎる勘違いをしている可能性があります・・・・

 

 

もったいなさすぎる勘違いその①:見る人の数が・・・

そういう人のSNSとかブログを見ると、
もう一瞬
原因がわかってしまったりするわけです。

 

 

えーーーーーーーーっっ

 

にゃんこ
にゃんこ

 

Facebook、友達300人しかいないやんーーーーーーーーーーーーー

アメブロ、読者50人しかいないやんーーーーーーーーーーーー

 

それで、

それで、、

どーやって集客すんねーーーーーん( ゚д゚ )

 

 

例えばですね、

地域に配るチラシで考えてみてください。

 

例えばこんなこと言ってる人がいたらどう思いますか?

 

「チラシ、10枚配ってみたんだけどお店に1人も来なかった・・(T_T)
やっぱ私には向いてないんだ・・・」

 

驚愕ですよね。
驚愕。

 

「ええええーーーーーーー
いやいや、もっと配れよーーーーー!!( ゚д゚ )」

ですよね。

※ちなみにチラシは1回で5,000枚とか10,000枚とか配ったりします。

 

チラシで考えるとわかりやすいですが、
SNSやブログだと同じことをやっている人が多いのです。

内容とか業界とか媒体とかの前に、
見てる人が少なすぎたらどうやっても集客できないですよね。

 

 

もったいなさすぎる勘違いその②:発信の数が・・・

これもすごく単純な話ですが、

たまにしか発信してなかったら
たまにしか人の目に触れないわけで、
それほど人の記憶にも残らないし、
当然お申込みは入りづらくなります。

 

「信頼」は、積み重ねです。

一発の発信で心をつかめるほど、甘いものではありません。

毎日発信するというのは最低条件かなと思います。

 

あと、よく言われるのが、

「でも毎日となると、書くことがなくなっちゃうんです・・」

 

これはですね。

みんな、そうです。

誰でもいきなり書けるようにはなりません。

だから毎日書くんです。

「必ず毎日書く」と決めているからこそ、
日々の中にアンテナを張ることができ、
ネタが見つかり、
想いに気づき、
文章力が上がり、
写真のセンスも上がり、
どんどん発信できるようになっていくのです。

「気が向いたら書く」ではもちろん書けるようになりません。

 

 

もったいなさすぎる勘違いその③:そもそも何に申込めば・・・

うーーん。

これも意外と多くてびっくりします。

 

相談者Aさん:「申込みとか問合せとか全然なくて・・」

和田:「そうなんですね。・・・ちなみにAさんの商品って何ですか?どこから申込めますか?」

Aさん:「あ・・えーっと、、まだ商品とか決まってなくて・・申込みとかも作ってないんです」

和田:「そうなんですね。・・・えっとじゃあAさんは、何へのお申込みがほしいんですか?」

Aさん:「うーーん、、なんか問合せとか来たらいいかなって・・・」

和田:「( ゚д゚ )」

 

当然ですがお客様の目線に立ったら、
何のサービスがあるかわからない人に申し込めないですよね。

 

上見てる女の子

 

ではそこから一歩進んで
何か商品を作ったとします。

Facebookやブログの文末には、
サービスの概要みたいなのが載っています。

でもやっぱそれだけじゃ不十分なわけです。

そんなサラッと概要書いてあるだけじゃ、
見ている人としては安心できないのです。

たとえ安くても、無料であっても、
何かサービスに申し込むというのは、
申し込む側にとっては少なからずハードルの高い行為なわけです。

そんな人のために、
きちんとサービスの告知文を書くのは、
やはりお客様目線に立ったやり方だと思います。

 

というわけで、
何かしらか商品・サービスを作り、
それをしっかり告知するというのは必須なことになります。

そうしないといくら発信の内容が良くても、
目に見える結果にはつながりませんよね。

 

 

まとめ

簡単に、
「私には合わない」とか
「これは違う」とか
「難しい」とか
思わないでください。

 

集客以外でもそうです。

意外なほど多くの人が、
単純すぎるやり方や考え方を知らないだけだったりします。

それを知らないだけで諦めたりしてしまうのは、
本当にもったいないことです。

 

 

ちょっと厳しめに書いてしまいましたが、
本当にもったいないことなので、
心当たりのある人は、
ぜひ一度きちんと人から教わることをおすすめします。

それだけで、世界が変わるはずですから。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期 プレセミナー詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

なぜ、体験セッションのお申込みには波があるのか?

起業コンサルタントの和田洋祐です。

カウンセラーやコンサルタントなどの人は、
自分のサービスの入り口として
「体験セッション」を設けている人も多いと思います。

僕も体験コンサルをやっています。

 

でも、独立したての頃、すごく悩んでいたんです。

何に悩んでいたかというと、

「なんでこんなにお申込みに波があるんだろう?」

ということです。

 

来るときは3日で5件とか、立て続けに入ります。
しかし来ないときは最長1ヶ月とか、
お申込みが止まったりしてたんですね。

で、これは、個人事業主としては、由々しき問題なわけです。

だって体験セッションが入らないと
自分のサービスを提供できないわけですから。

そしたら売上もストップしちゃいますよね。

 

まあ、最初は「たまたまかな」と思っていました。
「まあこれも試練だろう」みたいな。

でもね、同じことが自分だけじゃなく、
クライアントさんにも起きてきたんです。

 

だから、
「なぜ体験セッションのお申込みには波があるのか?」
を真剣に考えるようになりました。

そして、答えがわかったのです。
もちろん仮説ではありますが、かなり当てはまる人は多いと思います。

 

題して、「お申込みのカベ理論」です。

 

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

まず前提にあるのは、
お客様の「購買心理」です。

購買心理とは何かというと、
「モノを買うときに、人間の心の中で何が起きているか?」
ということですね。

 

では、体験セッションに申し込むとき、
その人の中で何が起こっているんでしょう?


多いパターンとしては、
「興味はあるけど、どうしようかな・・」
という気持ちだと思います。


つまり、不安なんですね。
踏み出せない。
興味はあるけど、なんとなくためらっちゃうなあという気持ち。

 

だって、
体験とはいえお金かかるし、
会ったことない人だからなんか不安だし、
うまく話せるかな〜〜って思うし、
そもそも自分なんかが申し込んでいいのだろうか?
場違いなんじゃなかろーか?
うん。仕事だって忙しいし。
子どもの面倒見なきゃいけないし。
・・あ。そうだ!明日の準備もまだしてないじゃん!
こんなことしてないで、やることやらなきゃ・・・


で、結局、申し込まないわけです。
はい。申し込まないんです。
興味はあって、グルグル考えたあげく、
申し込まないんです。

それが普通なのです。


つまり、
「興味あるなあ」「なんかこの人いいなあ」とは思っても、
「申し込もう」と思うまでには、
なかなかの心理的な「カベ」が存在するのです。


これが「お申込みのカベ」です。


そのカベを越えてお申込みに至るまでには、
2段階のステップが存在するといえます。

 

%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a

第1のステップ:信頼感を積み上げる

まずは、「興味あるなあ」と思ってもらうステージです。

信頼感には2種類あります。

 

①技術的信頼
これは、
「この人は自分の悩みを解決できる力がありそうだ」
という信頼感ですね。
専門家としては、もちろんこれを感じてもらう必要があります。

 

②人柄的信頼
これは、
「なんとなく、この人いいなあ」
という感じです。
人は結局、感情の生き物です。
腕はありそうでも「なんとなく違うなあ」と思ったら、
お申込みはしないのです。
この「なんとなくいいなあ」という感覚が、人柄的信頼感です。

この2つの信頼感を積み上げていくのが第1のステップです。


例えばFacebookとかブログを例にすると、
この第1のステップにあたるのは、「日々の投稿」なんですね。

見込み客へのお役立ち記事を書くと、技術的信頼が積み上がります。
「この人、力がありそう」と思われます。
想いとかプライベートとかを書くと、人柄的信頼が積み上がります。
「この人、なんかいいなあ」と思われます。


こうして信頼感は、積み上がります。

しかし、
これではお申込みにはつながらないんですね。

なぜかというと、
前に書いたとおり、お申込みには大きな「心理的なカベ」があるから。

だから、もちろん日々の投稿は意味があるのですが、
それだけではパワーが小さいんですね。
お申込みのカベを乗り越えるだけのパワーが足りない。

だから、日々投稿していてもお申込みが入らず、
「こんなことしていて意味があるのかな・・」
と悩んだりしてしまうんです。


その行動に意味がないのではありません。
ここまできたら、もう第2のステップに進むしかないんですね。

 

第2のステップ:パワーのある投稿でお申込みのカベを越える

お申込みのカベを越えるには、パワーのある投稿が必要です。
もちろん第1のステップだけでも申し込んでくれる人はいますが、
正直それは予測できないです。
気持ち的にも経営的にも、安定しません。

だから、パワーのある投稿が重要になります。

では、パワーのある投稿とは何か?


①たまたま書ける超パワーのこもった投稿
ずっと発信を続けていると、天からメッセージが降りてきて、
自分の想いが200%乗っかった文章を書けることがあります。
人の心を打ちまくり、今まで見たことのないコメント数やシェア数を叩き出し、
一気にお申込みが入ったりします。
心が動くことで一気にお申込みのカベを越えて、お申込みしてくれるんですね。

しかしこれは、自分で狙って書くことはできません。
だからこれに期待していても、経営的に安定はしません。


②コピーライティングをしっかり使った投稿(告知文)
コピーライティングというのは、「人を動かす文章の書き方」です。
本当に必要としている人に自分の想いを届け、その人に行動をしてもらう。
そういう文章の書き方があります。
これは「技術」なので習得できますし、
書きたいときにいつでも使うことができます。

なので、定期的にこういう文章を書くことでお申込みが入るようになり、
自分の経営も安定します(というか予測することができるようになります)。

つまり、お申込みに波があったのは、
「たまたまお申込みのカベを越えてきてくれる人がいたらいいな」
という状況になっていたからなのです。

 

まとめ

お申込みを安定的に獲得するためには、
日々の投稿で技術的信頼と人柄的信頼を積み上げ、
コピーライティングを使った文章でお申込みのカベを越えてもらうこと。
たまたま書ける超パワーのこもった投稿は、オマケ程度に考えましょう。

ただ、経営だけじゃなくコピーライティングもしっかり教えることができて、
かつ個別に添削までするコンサルタントはなかなかいません。

まぐれ当たりじゃなく安定的な経営を目指していきたい方は、
その全体像とあなたの状況に合わせたお話を
体験コンサルでさせていただいてます。

ぜひ下記からご覧くださいね。

 

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)


起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター

和田洋祐にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村

 

 

起業初期の集客で「たった一人のお客様設定」をしてはいけない理由

起業コンサルタントの和田洋祐です。

起業初期の集客で、よくある間違い・・

僕のところに体験コンサルに来るお客様の中には、
すでに過去にコンサルの話などを聞いたことがある方もいます。

その方たちのお話をお聞きしていて度々出てくるのが、
「たった一人のお客様を設定する」
という考え方です。

「たった1人のお客様像(=ペルソナ)を
設定したほうがいいと聞いて、
それをやってみていたんですが、
あんまりうまくいってなくて・・・」

よく聞きますね。
「ペルソナ設定」ってやつですね。

ペルソナ設定的な起業のステップは、
だいたいこんな感じです。

①まず、自分がやりたいこと、できることから、
自分の本命商品を決めていきます。
②次にそれを欲しい人は、どんな悩みを持っているか考えます。
③そしてそれを具体化するために、「たった1人のお客様像」を設定します。

例えば、

20代の女性で、会社員3年目。
会社にはちょっと慣れてきたけど、
最近このままでいいのか、少しモヤモヤしてる。
休みの日はヨガにお料理教室。
「充実してるけど・・このままでいいのかな?」

っていうのを作るんですね。
そして、そういう人に興味を持ってもらえるように、
その人に合わせた告知をします。

 

しかし、
このやり方は、だいたいうまくいきません。

 

なぜなのでしょうか?

 

 

答え:自分よがりの集客だから

本命商品を「売り手が勝手に」決め、
それが売れるものだと「売り手が勝手に」決め、
たった一人のお客様像を「売り手が勝手に」決める。

これは、単なる「売り手の希望」です。

商品を買うのは、誰でしょう?

もちろん、お客様です。
お客様は、自分が買いたいものを、買うのです。

こちらが売りたいものを、買うのではありません。

だから、売り手が勝手に作った「お客様像」なんて、
お客様からしたら、「知らんがな」という話なんです。

売りての単なる「希望」で作った商品なんて、売れません。
売れてもそれは「マグレ当たり」ですから長続きしません。

では、どうすればいいのか?

 

起業初期における、100%お客様視点の集客とは?

最も大切なマインドは、
「最初から何がうまくいくかは、わからない」
という考え方です。

自分のところに来てくれるお客様が何を買いたいかなんて、
最初からわかるわけないんです。
だって、売り手が買う人をコントロールするわけじゃないから。

買いたい人が買いたいものを買う。
そこに素直になるのです。
それが、お客様視点ということ。

 

ただ、もちろん、1人のお客様を意識して
そこに特化していったほうがメッセージが伝わりやすい
というのはあります。

でも、順番が違うんです。

「まず商品を決めて、ターゲットを決めて、その人に売る」
というのは順番が逆なんです。
そんな予想は、外れるのです。
なぜなら、根拠がないからです。

もちろん、
「どんな人でも来てね」では
お客さんもピンと来ないからダメだけど、
いきなり最初からピンポイントに絞るのは絶対ダメ。

(これは起業初期の話です。
それまでに実績があれば話は別です。)

 

★具体的なステップ

まずは幅を持たせて売れるものやターゲットを予測して、
テストをたくさん行ないます。

その中で、お客様の反応や、実際の声をたくさん集めて、
売れた理由、売れなかった理由などを検証するんです。

例えば自分の商品がカウンセリングで、
モニターを10人募集したら、そのうち7人が、
「20代後半で女性で会社員で、彼氏との関係で悩んでいる人」
だとしたら、
まずそこに特化してみる、というのはアリです。

だって、「お客様が実際に自分から買った」という、
事実をベースにした考えだから。

経営者はいつだって、事実をベースに考えます。

自分の単なる予想とか希望とかをベースに考えるのは、
経営者としては致命的なマインドです。

もちろん、この事実ベースの予測だって外れるかもしれない。
だからそこをきちんと検証して修正していくわけです。

 

★まとめ

100%お客様視点に立った、起業初期の集客は、

「まず売ってみて、お客様の反応という事実をもとに、
ターゲットや商品を組み立てていき、
常に修正しながら提供していく」

これが、お客様視点に立つということなのです。

 

100%お客様視点の経営を身に付けたい人は、
ぜひ体験コンサルを受けてみてくださいね。

~やさしい想いをカタチにする~
起業コンサル体験セッション受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*起業コンサル体験セッション詳細*

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)


起業コンサルタント/心理カウンセラー/コピーライター

和田洋祐にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ にほんブログ村