努力のパラドックス理論

壁の絵

起業コンサルタントの和田洋祐です。

1つ前のブログで、
「努力では人生は変わらない。
勇気を出せば人生は変わる。」
ということを書きました。

「努力」に逃げるな


ではなぜ、
「努力」ではなく「勇気」が必要なのか、
ということを、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

 

例えば、

 

「カウンセリングの資格を取った!
でもまだ自信がないから、
また別の資格を取るために勉強しよう。」

は、努力

「カウンセリングの資格を取った!
ちょっと怖いけど、
カウンセリングの募集をしてみよう。」

が、勇気

 

「高額の商品を提案するのかあ・・
うーん、なんか自分はお金のためにやってるわけじゃないし・・
なんか違う気がする・・
自分は自分なりに、できる範囲でやってみよう。」

は、努力

「高額の商品を提案するのかあ・・
ちょっと怖いけど、
それがお客さんのためにベストなのであれば、
提案してみよう。」

が、勇気

 

 

図にすると、こんな感じです。

 

壁の絵

 

この図を見ると、
あたかも「努力」の人が、
サボっているように見えます。

 

でも、そんなことはありません。

 

「努力」の人は、頑張っています。

「努力」の人は、忙しく動き回っています。

「努力」の人は、勉強家です。

「努力」の人は、「いつも頑張ってるよね!」と人に褒められます

 

 

でも、逆にそれが、落とし穴だったりするのです。

 

 

本当に向き合わなければならないもの。

それが、上の絵の「壁」です。

「努力」の人は、
「壁」=「自分が人生で本当に向き合うべき課題」
に出くわしたとき、
「横」にかわそうとする

そんなイメージです。

 

一方、「勇気」の人は、
「壁」=「自分が人生で本当に向き合うべき課題」
に出くわしたとき、
「壁」にまっすぐ向かっていきます。

 

よく、
「自分に向き合うのが大事」と言いますが、
「自分に向き合う」というのは、
この「壁に向かっていく」ということです。

 

「壁」に向かっていくのは、怖いのです。

ぶち当たるかもしれないし、
登れないかもしれない。
壊せないかもしれない。

でも、
自分の中の「壁」に向かっていくことで、
人は大きく成長します。

「このくらいなんじゃないか」
と勝手に制限していた自分の可能性を、
大きく拡げることができます。

 

 

しかし、「横にかわす」では、そうはなりません。

壁をかわして横に進んでも、
結局、壁はなくなりません。

日常は忙しいし、
それなりに充実しているし、
自分なりに頑張っているし、
そこまで不幸なわけでもないけど、
なんだかモヤモヤしているし、
このままでは嫌だ。

そんなときはおそらく、
「横に横に進んでいる状態」だと思います。

 

最初に挙げた例で言えば、

「カウンセリングの資格を取った!
でも、これも学ぼう!
それも取った。
でも実際に人に提供する前に、これも大事だよね!
これも学ぼう!」

というのが、「横に横に進んでいる状態」です。

また、
ひとつサービスを提供し始めて
「何か違う」
と思って別のサービスを始め、
また「何か違う」
と思って別のサービスを始め・・

というのも、「横に横に進んでいる状態」です。

 

 

これね、
逆にサボっている人は、気づけるんです。
「あ、サボってるわ」って。

でも、「努力」の人は、なかなか気づけない。
だって、頑張っているから。
行動しているから。
毎日忙しくしているから。

だからこそ、本当に大切なことに気づけない。
薄々気づいていたとしても、向き合えない。

 

これは、「努力のパラドックス」とでも言える状態です。

 

言い方を変えると、
「悩んでいるほうがラク」な状態
とも言えますね。

悩んで、モヤモヤして、
目の前のことをとにかく頑張って
日々精一杯な状態。

一見つらそうですが、
「勇気を出すよりそういう『努力』のほうがラク」なのです。

 

 

 

でも、
自分が壁から逃げて横に進んでいるなんてことは、
みんな認めたくないわけです。

今までそうやって生きてきたし、
その生き方を否定したくないし、
変えるのも怖いからです。

僕だって、自分のこととなれば、
なかなか気づくことができません。
気づかないように無意識がブロックしているのです。

これはもう本能的な部分でブロックしているものなので、
自分で気づいて変えていく、
というのはほぼ不可能だと思います。

 

なので、
客観的な視点というのが、不可欠です。

 

「そうだよね」と自分の言うことを
そのまま認めてくれる人ももちろん大切ですが、

自分の本質的な部分を見極めて、
必要なら厳しいことも言ってくれる人を、
周りにおいておく
ということもとても大切です。

 

 

僕もコンサルの中では、
その人の人生にとって必要なことなら、
「やさしくない かかわり」をすることもあります。

でもそれが、
その人以上にその人の可能性を信じ、
その人が求める人生へ導いていくコンサルタントにとって
大切なかかわり方のひとつだと思っています。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA