「決断」してるのに変わらないのはなぜなのか?

やる気出ない女性

起業コンサルタントの和田洋祐です。

昨日はストリートライブの記事を書きましたが、
その中で「決断」というキーワードが出てきました。

何かをやる上で大切なのは条件や能力ではない。
「やる」と「決断」すればすべてが解決する。

ということでした。

(まだ読んでいない方はぜひ読んでみてくださいね昨日のブログ

 

でもこういうことを書くとだいたい、
こんな意見が出てきます。

 

「いや、私、決断してるんです。
本当にそれをやると決めてるんです。
でもなかなか変わらなくて・・・」

 

今日は、こういう人の中で何が起きているか、
ということを考えてみたいと思います。

 

 

本当は決断していない人の言動

またストリートライブを例にしてみましょう。

 

「ストリートライブやりたいけど、どうせならうまくやりたい」

「ストリートライブやりたいけど、恥はかきたくない」

 

 

こういうことを言う人は、決断していません
(最初の2週間の俺ですw)。

本人は決断してると思っているかもしれませんが、
これは決断ではありません。

そしてたぶん行動もできません。

 

こういう人の中で何が起きているのでしょうか。

ちょっと考えてみてくださいね。

さて、いかがでしょうか。

 

上を向いて考える女性

 

 

決断とは文字通り、「決」めて「断」つこと

以下の2つの考え方は、
決断とは言えないものです。

「AしながらBしたい」

「AせずにBしたい」

 

この2つの共通点はこれです。

 

同時に2つのことを得ようとしている

 

この観点でもう一度、
ストリートライブに関する言動を考えてみましょう。

 

A「うまくやりたい」
  +
B「ストリートライブやりたい」

 

A「恥をかきたくない」
  +
B「ストリートライブやりたい」

 

どちらも、「AとBの両方」という状態になっています。

 

この「AとBの両方」になっているとき、
人はなかなか行動できません。

というより
「B」(この場合はストリートライブをやる)
に向かう行動ができません。

 

これはなぜかというと

 

「A」に入るのはたいてい、
「今まで無意識で選び続けてきた選択」です。

一方で
「B」に入るのは、
「今まで選んでこなかった(避けてきた)選択」です。

 

この「A」と「B」で、力が強いのはどちらでしょう。

 

もちろん「A」です。

 

今まで慣れ親しんだ選択。

無意識でまたそれを選んでしまうのは当然のことです。

 

だから、

 

A「うまくやりたい」
  +
B「ストリートライブやりたい」

という人はおそらく、
今まで「何かやるならちゃんとやる」という選択を
し続けてきたのでしょう。

だから、歌がうまくないとかギターが弾けないという
「ちゃんとできない状況」のときは、
新しいことにチャレンジする行動が取れません。

 

A「恥をかきたくない」
  +
B「ストリートライブやりたい」

という人はおそらく、
「恥をかかない」選択を
し続けてきたのでしょう。

だから、恥をかきそうなものには
チャレンジすることができません。

 

しかし、新しいステージに進むには
「B」のような選択をすることが必要な時があります。

 

そのときに必要なのは、

「A」を一旦、手放すこと

です。

 

 

まずは「A:うまくやれるかどうか」は関係なく、
「B:ストリートライブ」をやる。

まずは「A:恥をかかないかどうか」は関係なく、
「B:ストリートライブ」をやる。

 

この、

「AとBの両方」

ではなく

「A」を一旦、手放して(捨てて)

「Bだけをやる」と決めること

 

それこそが、「決断」です。

 

「決断」とは、
「決めて断つこと」とはよく言いますが、
まさにその通りです。

 

「ストリートライブをやる」
と、
「B」を決めるだけでは「決断」にはなりません。

無意識の中にある「A」、
「うまくやること」とか「恥をかかないこと」とかを
手放して初めて、
「決断」
となるのです。

 

ペンと手帳とノート

 

 

 

あなたのビジネスでも、「AとBの両方」が起きていませんか?

例えばよくあるのは、これです。

 

「自分らしく、売上も上げたい」

 

「A:自分らしく」

「B:売上を上げたい」

 

これにこだわりすぎると、
例えば、

・発信し始めたばかりなのに、その日の気分で投稿したりしなかったりする
・友達申請などの読む人を増やすための行動は、自分らしくないからしない
・告知とかは売り込んでる感じがするからしない
・自分らしさを出したいから、いきなりホームページを作る

みたいな行動に出ます。

そうすると、
「B:売上を上げたい」
は実現しません。

 

このとき何が起きているのか?

 

それは、

今まで無意識で選択し続けてきた「A」を、
また選んでいる

ということです。

平たく言えば、
「何も変わっていない」
ということです。

 

自分にとっての次のステージに行くためには、
一旦、「Aを手放す(捨てる)」ということが
とても大切です。

・まずは気分が乗らない日も発信し続ける
・友達申請などの読む人を増やすための行動は、最初は違和感があってもやる
・必要な人に届けるための告知はきちんとする
・発信媒体はうまくいく確率が高いものを選ぶ

 

「AとBの両方」の選択をしている限り、前には進みません。
(別にそれが良いとか悪いとかいうことではなく、客観的な事実としてそうだということです)

何か前に進めたいのなら、
「Aを手放し、Bだけをやる」
ということが大切です。

 

 

 

「A」を完全に捨てるという意味ではありません

こうやって書くとよく誤解されますが、

「A」を完全に手放す、捨てるということではありません。

「一旦」手放すのです。

 

もちろん人生の中で大切なことは1つではありません。

そのすべてを実現していくことはもちろん可能ですし、
僕もそうしていきたいと思っています。

別に起業して売上を上げるために生きているわけではないし、
やりたいことも全部やりたいし、
プライベートも充実させたいし、
ゆったり自由な時間も大切にしていきたいと思っています。

 

だからあくまでも「一旦」なわけです。

ひとつのテーマに取り組むときは
一旦それに集中する。

ステージが変わったら、
一旦手放していた「A」に取り組むのです。

 

一旦「自分らしさ」を手放しても
今のステージの課題に取り組んでいくと、
逆説的ですが、
「自分らしさ」に近づいていきます。

※自己正当化の「自分らしさ」ではなく、
本当の「自分らしさ」という意味で。

※※もちろん逆に、「売上や結果を手放す」ステージの人もいますね。

 

それが結局は、

「AもBも両方」得ていく生き方になるのです。

 

 

決断は才能ではなく、技術である

「決断力」というと、
まるで1つの才能のように思われていますが、
実は「技術」です。

上に書いたような「決断」の仕組みを知り、
実践していくことで、
徐々に「決断すべきときに決断すること」
ができるようになっていきます。

最初はなかなかうまくできませんが、
練習していけばできるようになります。

だって、「才能」ではなく「技術」ですから。

 

この「技術」を身につけ
必要なタイミングで「決断」を使うことで、

本当の意味での
「AとBの両方」
の人生が実現していくはずです。

 

 

参考になったら嬉しいです。

「腑に落ちた!」という方は、
Facebookなどでシェアしてくれると喜びます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期 プレセミナー詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA