起業コラム

「転」 ― 2018年まとめ

2018年のスタートは、とても苦しいものだった。

2017年の年末に、
それまで心血を注いできた仕事をやめざるを得なくなり、
そうは言っても落ち込んでいる間もなく、
とにかくその月を生きるために必死で仕事を作ってひたすら働いた。

そんな状態でもなんとか売上は上げられたことは自信になったけど、
でも同時に、もうこれを続けていくのはキツイな、と思った。

何がキツかったかというと、
「寂しい」ということだ。

「ひとりで、自由にビジネスをやる」

数年前までずっと憧れていたそんな生き方が、
僕に合っていなかったのは明白だった。

だから個人事業主時代も後半のほうは、
業務委託でチームに入っての仕事がメインとなっていた。

しかし上に書いた出来事があり、
今年の1〜4月は再び個人で動いていた。

いや、もうね、今だから言うけども、
本当にキツかったんだ。

ちなみにその頃アニメにハマった。笑
「けいおん!」にハマった。
好きなことを好きな仲間と全力で楽しむのって最高だなって、
けいおんを見ながら思って泣いたw
とても落ちていた4ヶ月だった。

でも、そういう体験をして、
自分にとって大切なこと、
自分の好きな働き方というのが改めて見えてきた。

やっぱり、仲間と一緒に働きたい。

それを痛切に感じた。

そして、そこから僕は再び企業で働く道へと戻った。

一度独立してから企業に戻るとか、
まあ「失敗した」とか思われんだろうなとかも思った。

でも、そんなことよりも、
自分にとって大切なことを大切にしようと思った。

そこからは、マジで、一気に変わった。

本当に仕事が楽しくて。

あとは、いろいろと安定した。
てかさ、会社員ってすげえよなと。
好きな仕事ができて、そんで毎月お金の心配をしなくていいとか。
あと週2日休みとかなんなん?
いやマジ最高すぎだろと。

仕事ではYouTube関連事業のベンチャーの
マーケティングマネージャーをやってて、
最近はセールスチームにも関わっている。
YouTube業界を選んだのはたまたまだったけど、
すごいトレンドが来てる業界に身を置くことができてラッキー。
個人じゃ使えないリソースと情報が使えてガンガン動ける。

僕のチームはまだ8人くらいなので、
社長とダイレクトにやりとりできて
自分次第で事業の中枢に関わることができる。

この環境でヌルくやっててもしょうがないので、
大きい目標にコミットしてガンガンやってる。

 

よく、
「個人事業主のときと比べてどうですか?」
と聞かれるけど、

僕の答えは
「間違いなく今が一番楽しい!」
です。

あと、
「また独立しようとか思わないんですか?」
もよく聞かれるけど、

僕の答えは、
「もう個人ではやらない。次は組織の経営者をやりたい。」
です。

少なくとも今のところは、個人事業主はもういいかな。
2年間、自分なりにやり尽くしたと思う。
個人でそれなりに人に価値を提供しお金を稼ぐ経験もできた。
その結果、自分には合わないことがわかったのは大きい。

やっぱり自分は組織が好きだ。
そして経営もすごく面白いし好きなので、
次は経営者がやりたいなと。

ということで今の目標は、
今の会社で経営を担えるようになること、です。

と同時に、YouTube関連で個人としての実力も
つけていきたいと思っているので、
2019年もどんどん動いていきます。

 

苦しいスタートから一転し、
最高の働き方ができているので、
いろいろあったけど今年も前に進んだ一年にできたなと。

ということで今年の漢字は「転」です。

1年後なんて想像もできないけど、
2019年も想像を超えるような1年にしていきたいなと思っています。

関わってくださった方々、本当にありがとうございました。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

「挑」

和田洋祐です。

今年もついに大晦日です。

毎年早い早いと思いつつ、
しかし今年も、
年始の頃の自分が思い出せないくらい
すごいスピードで変化した1年でした。

 

ということで今年も、

大晦日の恒例行事、やります。

 

「今年の漢字」

です。

(たぶん11年くらい続けてます)

 

 

今年の漢字。

 

それは

 

「挑」

 

です。

 

 

本当に、

多くのことに挑戦した1年でした。

 

もちろん、
毎年挑戦はたくさんしています。

しかし、
今年は特に
自分の事業を大きく変えるような
決断を何回も下し、

そして
それ相応の挑戦を
してきたと感じます。

 

▼2月:
それまでの個別コンサルの
スタイルを変え、
起業塾をスタート。

▼5月:
それまでの個人事業メインから、
ホンモノ経営塾のコアメンバーとしての活動を
主軸にする決断を下す。
その後未経験ながら、
マーケティング責任者として
大きな目標にコミットすることに。

▼12月:
個人事業の主軸として、
ライティングを中心に据えて
活動することに決める。

 

 

ただ、
僕が「挑」を今年の漢字にしたのは、
単に新しいことを
始めたからではありません。

 

なぜ、「挑」の1年だと思ったか?

 

それは、

 

「本当にたくさんたくさん失敗をしたから」

 

です。

 

失敗の数・大きさで言えば、
今年はたぶん過去最大です。

 

今までうまくいっていたことが
全くうまくいかなくなったり、

事業の予測が外れまくったり、

まさかの事態が起きたり、

メンタルがやられて
半月以上動けなかったり、

お金に本当に困窮したり、

自分の実力の無さに
悔しくて泣いたり、

 

本当に本当に
失敗ばかりの1年でした。

 

本当はいろいろ詳細に書きたいのですが、
今はまだ書けない系のことばかりなので、
ゆくゆくどこかで
ひとつずつ伝えていきたいと思います。

 

 

 

でも

やっぱりこう思う。

 

失敗は、挑戦の勲章

 

なのだなと。

 

 

過去最大の失敗は、

過去最大の挑戦から生まれる。

 

だから、
この1年、
未知の領域に挑戦し続けた自分を、
讃えたいと思う。

 

 

もちろん失敗だけじゃない。

たくさんの素晴らしいものに出会えた。

 

一番大きかったのは、仲間。

 

やっぱり、
ビジネスはチームでやりたい。

改めてそう思った。

仲間と同じ目的に向かって
本気でコミットして動いていく。

それが本当に楽しかったし、

ああ、
俺はこれがやりたいんだなと
そう感じた。

 

 

 

挑戦は、
本当に大事なことを教えてくれる。

自分が大切にしたいこと

自分が進む道

本当の自分

 

だから2018年も、

僕は挑戦を続けていく。

 

 

短期的な結果だけでなく

本当の自分の実力を高める、

そんな2018年にする。

 

そんな新年への抱負をもって、

残りの2017年を過ごしていきたいと思います。

 

 

今年僕にどこかで関わってくれた皆様、

本当にありがとうございました。

 

2018年も、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2017年12月31日

和田洋祐

キャンセル食らってもヘコまない人

〜やさしい想いをカタチにする〜
起業コンサルタントの和田洋祐です。

 

自分で事業をやってると、
いろいろヘコむことはあります。

 

例えばよくあるのが、

セミナーとかセッションとか
キャンセルされる

というやつ。

 

まあ、あれヘコみますよね。

僕もめっちゃヘコんでました。

 

今はヘコまないかっていうと
それはウソになりますが、

でも前よりは
ヘコまなくなってる気がします。

 

じゃあ、
前と何が変わったのかというと・・

 

 

 

「強くなった」

 

 

 

のでは、ありません。

 

 

「やっぱ私はメンタル弱いんでしょうか」

「どうやったら〇〇さんみたいにメンタル強くなれますか?」

 

みたいなことよく聞きますが、

「メンタルを強くしよう」

というのは、

むしろ「逆」なのです。

「そこじゃねー」なのです。

 

 

これ、キャンセル以外の
他の問題でもみんな一緒ね。

 

「これは問題だ、なんとかしなきゃ、解決したい」

と思ってあれこれ取り組んで、

でも一向に解決しない問題。

 

そしたらそれは、
「取り組んでも解決しない問題」
なんですね。

だから、
「もっと頑張って(例えばメンタル強くして)解決する」
をやってみたところで、
解決しません。

 

そうじゃなくて本当は、

その問題にフォーカスしていることこそが問題

なのです。

 

 

だから解決策はひとつ。

「フォーカスをずらす」

それしかないです。

 

例えば、
「なんとか今月売上あげなきゃ・・」
という感じで
「自分」にベクトルが向いていると、
キャンセルとかはすっごくヘコみますね。

もちろん売上は大事にするのですが、
例えば
「とにかく目の前の人の役に立とう」
みたいに
そのベクトルを少し他人に向けられると、
変わるはずです。

 

 

あとは例えば、
「より大きなものにベクトルを向ける」
というのもあります。

例えば、
自分の中のミッションや、
長期的に目指すべき姿が定まっていると、
小さなことにフォーカスが当たりにくくなります。

 

これは一例ですが、

とにかく、解決しないもんは解決しないんです。

そこにフォーカスしてエネルギーを使うのは
エネルギーの無駄遣いです。

 

別のところにフォーカスを当てたら、

「あれ?なんであのことに悩んでたんだろう・・」

って、なりますよ。

 

ご参考になったなら、幸いです。

 

p.s.
最近はブログよりも
メルマガでたくさん発信しています。

今なら
メルマガに登録すると
【Facebook集客5日間メールセミナー】
を無料プレゼント中なので、
ぜひ読んでみてください。

Facebookで発信していきたい人に超オススメです。

※メールアドレスだけで登録でき、名前は入力不要です

公式メルマガバナー2

あなたが「そのままで大丈夫」な理由

起業コンサルタントの和田洋祐です。

昨日は、元クライアントさんの滝島珠里さんと、
お茶会をしてきました!

 

お茶会とか何年ぶりかにやりましたね〜。
基本的にはお茶会とかあまりやらないので。

 

でも、先月 珠里ちゃんのコンサルが終わったときに、

「私の周りに和田さんが必要な人いっぱいいます!」

とのことだったので、

今回お茶会をやってみることにしたんです。

 

 

その中で、ひとつ強く感じたことがあったのでシェアしますね。

 

 

参加者の中でおひとり、こんな悩みを持っている方がいました。

「私、自分がどうしたいのかがすごくフワッとしていて・・よくわからないんです・・」

 

その方は、

「自分のやりたいことを”きちんと”言葉にしたい」

「方向性が”きちんと”固まっていないとダメだ」

みたいに考えているようでした。

 

しかしその人を見ていて、
僕が気づいた「強み」は、こんなことでした。

「うまく言えなくても、なぜか伝わっちゃう強み」

です。

 

その人はそのままで、
かなりエネルギーが高いし、
「自分が好きなことを人に伝えたい!」
というのが、身体から伝わってくる人です。

だから、「きちんとした言葉」にしなくてもよかった。
「きちんとした言葉」でなくても、なぜか伝わってしまう。

それが、その人の強みでした。

 

でもその人は、
「きちんとした言葉にしなきゃダメだ」
と思い込んでるわけです。

「それができない自分では、自分のやりたいことを進められない」
そう思い込んでいるわけです。

 

でも僕からすると、
それこそ真逆なんですね。

きちんとした言葉で伝えようとするほうが伝わらないし、
そうしようとするから、一歩も踏み出せない。

 

だから結局、

「そのままのあなたで、大丈夫ですよ」

僕はそう、伝えました。

 

 

同じようなことは、
たくさんの人の中で起きています。

 

本当はそのままで大丈夫なのに、
むしろそれが強みなのに、
「これじゃダメなんだ」と勘違いして、
「きちんとやろう」とする。

 

それこそが、うまくいかない原因です。

 

きちんとやろうとしない。

自分でない自分になろうとしない。

 

まずはそこからスタートです。

 

もちろん、
起業とかを進めていく上では
馴染みのないやり方をやったり、
今までできなかったことを乗り越えていくことは
たくさんありますが、

しかしそれらのベースに、
「強みを活かす」がある、ということです。

(参考記事 読んでみて♪)

あなたに合った【やり方】の見つけかた(&落とし穴)


本当は「大丈夫」なのに
「大丈夫じゃない」と思い込んで立ち止まってしまう。

これって、とってももったいないことです。

 

 

こういうので悩んでいる人たくさんいるなーと
改めて感じたので、
また、お茶会やるかもしれないです。

そのときは、また告知させていただきますね♪

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
公式メルマガバナー

 

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

とっとととっとと

起業コンサルタントの和田洋祐です。

 

とっとととっととです。

とっとととっとととっとっととっととです。

とっとととっとととっとっととっとととっとととっとっとっととととtotoです。ミニロトです。

 

 

とっととやる。

さっさとやる。

完成度30%でいいからやる。

整ってなくてもいいからやる。

方針が固まってなくてもいいからやる。

本当にやりたいことかどうかわからなくてもやる。

自信がなくても不安でもやる。

 

結局は全部、

怖いから動きたくない、を正当化してるだけ。

 

その時間は何も生み出さない。

とにかくやって、事実を見つめる。

そしてまたやる。

そしたらあっという間に現実なんて変わっていくよ。

 

 

とっとととっとと!!

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

人と比べることの無意味さを教えてやろう( ˘ω˘ )

起業コンサルタントの和田洋祐です。

 

「えっ、和田さんも悩んだりするんですね!」

「えっ、和田さんも人間関係苦手なんですか!うまくやってそうなイメージでした!」

「えっ、和田さんはみんなから好かれてるイメージでした!そんなことがあったんですね・・」

 

 

 

あのですね・・

まあ、ありがたいんですが・・・・

 

 

 

俺だって、悩んどるわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺だって、苦手なことくらいあるわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺だって、うまくいかないことくらいあるわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

円形脱毛くらいなるわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー笑

 

 

 

言っておきますが、
僕は「ブランディング」はしてないので、
キラキラしてるところだけ見せようとか全くしてないです。

むしろなるべく、
いろんな面を出すようにしてるくらいです。

 

でも、それでも僕に対して、
Facebookやブログを見て、
「なんか悩みとかなく、うまくいってる人」
みたいなイメージを持ってる人は結構いるみたいなんですね。
ビックリっすわ…

 

 

まあ、ありがたいことなんですが・・・

 

 

あの、それ、勘違いですよ。笑

めっっっちゃ勘違いです。

 

 

僕、独立してからのこの1年、
結構すんごいいろいろありました。

悩みました。
心をえぐられるような出来事もありました。
失敗もしました。
今も悩むことはたくさんあります。
やる気が出ないことも動けないこともあります。

でもまあ、こんなのいくら書いても、
伝わらないんだろうなー

もちろん、全部を書けるわけではないんですが。
本当にごく身近な人にしか話せないことも多いです。

でもさ、何もなかったら、
円形脱毛しないって。笑

 

 

で、俺だけじゃないですよ。

 

俺なんかよりめっちゃ活躍している
起業家や経営者と話すこともありますが、
やっぱそれぞれ苦悩していたりしますよ。

意外と売上とか集客とか困ってたり、
経営に行き詰まってたり、
幸せ感が感じられてなかったり、
プライベートがうまくいってなかったり、
自分に自信が持てなかったり、
結構いろいろありますよ。

 

 

あと結構みんな、
しょーもないですよ。笑

「なんでもできてすごい人!」
とか、本当に幻想も甚だしいですよ。

できないことだらけです。
できる分野はすごいんですが、
それにしてもできないこと多すぎです。
オイ!みたいな。
割と普通にダメだろ!的な。

 

 

まあ、僕も思ってましたけどね。
比べてましたけどね。
てか今も比べて落ち込んだりしますけどね。

きちんと深くかかわるまでは、
「あの人ってマジですげえなあ〜〜〜(それにひきかえ俺は…イジイジ)
みたいに思うわけですね。

でも、きちんと深く関わってみると、
その人も普通の人間だとわかってきます。

もちろんすごいところもあるけど、
普通に、ダメです。笑

こっちが勝手に幻想を抱いてただけなんだなーと、
気付かされます。

 

ブランディングを意識してる起業家とかは、
特にその落差は激しいでしょうね。

 

 

 

でね、何が言いたいのかというと。

 

 

 

勝手にそういう「活躍している人」と自分を比べて、
勝手に、落ち込む人いるじゃないですか。

そう、そこのアナタです。笑

 

それ、勘違いですからああああああああああああああああああああ

残念ッ!!!! ←古

 

 

 

まあ、人と比較して落ち込むというのは、
誰だってあることなので別に大丈夫なのですが、
「めっちゃくちゃ勘違いなんだ」
ということだけは、知っておきましょう。

比べちゃってもいいですが、
そのときに、気づけるといいですね。

「あ!そうだそうだ。これは勘違いなんだ!
またやっちまった!テヘペロ♪」

ってね。

 

 

ナリくんが、どっかでいいこと言ってました。

「Facebookやブログは、その人の3%でしかない」

いや、ホントその通りだと思います。

他人の厳選された3%のいっちばん輝いてる部分と、
自分の全部含めた100%を比べたら、
そりゃどう考えたって負けますって。

 

 

だから、それ、勘違い!!

わかればよろしい!!!!

 

 

 

(なんか今日は俺キャラ違うな…)

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

僕が3年間、心理カウンセラーで利益ゼロだった本当の理由

起業コンサルタントの和田洋祐です。

 

僕は独立する前に、
3年間くらいほとんど利益ゼロの
心理カウンセラーの活動をしていました。

決して利益ゼロでやりたかったのではなく、
売上を上げて独立したかったけど、
できなかったんです。

 

だから、欲しい結果が得られないことに、
すごくモヤモヤしていました。

なんでできないんだろうって。
こんなに頑張ってるのにって。

 

 

 

でも、最近気づきました。

 

 

 

あ、その頃の俺、実は「欲しい結果を得ていた」んだな

 

って。

 

 

 

どういうことか?

 

 

 

その頃の俺は、今思うと、
人に教えてもらうことに対してすごく抵抗していました。

独立したいと言いながら、
ビジネスのやり方を人に教わろうとしませんでした。

「自分のやり方で、自分の力で、うまくいかせてみせたい」
と思ってました。

たぶん、人に負けるのが嫌だったのだと思います。

深いところでは自分に価値がない感じがするから、
だから自分の価値をなんとか示したかったんだと思います。

 

だからね、
たぶんその頃の俺が「本当に求めていた結果」って、
売上を上げることとか、独立することじゃなかったんです。

本当に求めていた結果は、

「自己流で何かをやって、自己充足感を得ること」

だったんですね。

 

 

もちろん当時の自分は、そんなことに気づいていません。

「絶対独立したい!」
そう思ってました。

 

でも、

頭で考えている「欲しい結果」

内面深いところにある「欲しい結果」
が異なっていたんです。

 

そういう場合、
「内面深いところで求めているもの」
が現実になります。

 

だから僕は、

「自己流で何かをやって、自己充足感を得ること」

という、

「欲しい結果」を得ていたんですね。実は。

 

 

 

こういうことは、
現実の中で本当にたくさん起こっています。

「起業したいのに行動できない・・」
「売上を上げたいのに行動できない・・」
「結婚したいのに恋愛ができない・・」

こういうとき、
頭で求めていることと
内面深いところで求めていることが
異なっているケースが多くあります。

 

まずは、それに気づくことです。

 

ただ、
この「内面深いところで求めていること」が、
結構自分では認めたくないものだったりもするので、
自分だけで気づくのはなかなか難しい場合もあります。

(僕も「本当に求めているのは、『自己流で何かをやって、自己充足感を得ること』だ」なんて、当時はなかなか認めたくない事実でした)

 

しかしそこに気づいたら、それを手放すこともできます。

そして別の何かを得るのだと、決めることもできます。

 

(もしかしたら、「え?それ手放しちゃっていいの?」と思う人もいるかもしれませんが、「内面深いところで求めていること」が、必ずしも、「その人が本当に求めていること」とは限らないからです。例えば僕みたいに、コンプレックスやトラウマを満たすために求めていること も含まれるからです。だから、手放したほうがその人の幸せに近づいていくケースは多々あります。このへんめっちゃ深いテーマですね。だれか語りましょう。笑)

 

そしてここからは、「決断」の領域になります。

 

「決断」の話はまた長くなるので別の機会にしますが、
参考にこのブログを読んでみてください。
結構おもしろいです。(自分で言うな)

ストリートライブをやってみて気づいた、4つの大切なこと。

 

あとこれも。

「決断」してるのに変わらないのはなぜなのか?

 

 

欲しいと思っているのに得られないとき。

 

まず、その「欲しいもの」、本当ですか?

 

そして、本当に欲しいものがわかったら、あとは決断です。

 

これで多くのことは解決していくはずですよ^ ^

 

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

グチャグチャな文章でも、想いは伝わるよ。

起業コンサルタントの和田洋祐です。

「ブログやFacebookやメルマガ、いつも読んでます!」

「どうやったら、和田さんみたいに伝わる文章が書けるんですか?」

 

最近、初めてお会いする人にも
こんなことを言っていただけることが増え、
とても嬉しいです。

みなさん、いつも読んでいただいてありがとうございます!

 

僕は、
コピーライティングみたいな「技術的に書く文章」とか、
お悩み解決記事みたいな「論理的に書く文章」も得意ですが、

でももともと一番得意だったのは、
そういう文章じゃありませんでした。

 

もともとは、
割とポエム的な文章書いてました(笑)

 

自分が感じたこととか想いとか、
そういうのを徒然なるままに、
SNSに書いたりしてました。

 

別にそのときからビジネスをやっていたわけではないので、
目的は特になく
ただ書きたいから書いてただけなんですが、

たまたまそれを読んで
「感動しました」
「元気をもらいました」
「癒やされました」
みたいなコメントをもらったりしていました。

特に何も考えず書いてましたが、
それで喜んでくれる人がいたわけです。

 

僕の想いが、読む人に伝わっていたんですね。

 

 

そういうふうに、
「自分の想いを、文章で伝えたい」
と思っている人も多いと思います。

 

なので今日は、

「想いが伝わる文章とは、どういうものか?」

について、書いてみたいと思います。

 

 

想いが伝わる文章とは?

結論から言うと

 

想いを伝える文章って、
「書き方」は、なんでもいいんです。

グチャグチャだって、伝わります。

文章の上手い下手とかは、あまり関係ないんです。

 

b829b5aacf0106034c1ed1fe68f34faf_s

 

 

僕も今でも「想いを伝える文章」を書きますが、
特に書き方とかは何も考えていないです。

 

 

じゃあ何が、「伝わるかどうか」を決めるのか?

 

 

 

それは、

「自分が心からのメッセージを持っているかどうか」

です。

 

 

「心からのメッセージ」とは何か?

それは、

自分がずっとこだわってきたこと
自分にとって譲れない大切なこと
自分がずっと考えて(悩んで)きたこと
自分がついワクワクしたり楽しくなってしまうこと
自分がずっと求めてきたこと
なんかよくわかんないけどすっごく伝えたいこと
なんかよくわかんないけどすっごく大切だと思うこと
これおかしいじゃん!間違ってるじゃん!と思うこと
・・・
etc.

 

そういうものが、「心からのメッセージ」です。

 

これがある人の文章は、
やはり人の心に響いてしまうものなのです。

もちろん全員の心に響くことはありませんが、
必要としている人の心に、響いていきます。

たしかに、文章の上手さも関係ないわけではありません。
が、それが決定的な要素とはなりません。

ぶっちゃけ、グチャグチャな文章でも、響く人には響くんです。

 

 

「自分には、そんなメッセージなんて無いよ・・」

 

そう、思うかもしれません。

 

でも、今、それがなくてもいいのです。

 

自分にとって大切なものは、何だろう?

それを、見つけようとしている姿勢。

自分の人生を、生きようとしている姿勢。

 

それが、最も大切です。

 

「自分にとって大切なものを見つけたい」

真剣にそこに向き合って生きていると、
それそのものがメッセージとなり、人の心に響きます。

 

 

逆に、いくら文章のスキルがあっても、
自分という人間と真剣に向き合っていない人の文章は、
どこか深みに欠けるものです。

 

だから、人の心に響く文章を書くなら、

自分と向き合い、自分の人生を生きようとすること

それが一番大切なのです。

 

(あ、当然ですが、
書き続けないと書けるようにはならないので、
書き続け、発信し続けることは大前提です)

 

 

 

不完全なあなたでいいから、表現してみてください。

いや、

不完全なあなたの、グチャグチャな文章だからこそ、心に響くのです。

 

下手に取り繕おうとしないこと。

キレイに見せようとしないこと。

そのままのあなたをまっすぐ表現すること。

それが、「想いの伝わる文章」だと思います。

 

 

文章の力って、すごいんです。

まだ出会ったこともない人に自分の想いが伝わり、
自分の知らないところで
人の心に響き、勇気づけ、癒やし、笑ったり感動したりするんです。

 

 

きっと、あなたを必要としている人がどこかにいます。

 

その人に向けて、まっすぐ、ぜひあなたの想いを発信してみてください。

 

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

人生40ヵ年計画

起業コンサルタントの和田洋祐です。

クライアントさんや他の経営者の方とお話ししているときに、

「和田さんの将来の目標は何ですか?」

と、聞かれることがあります。

 

こう言うと驚かれることもありますが、
僕は、あまり先のことは考えていません。

ほとんど、
今月と来月のことしか考えていないと思います。

1年後のことなんて、全くと言っていいほど考えていません。

1年後なんて、
意味わからんくらい自分の想像を超える現実になっているはずなので、
今はあまりそこに目標などを設定しても意味がないかなと思っています。

※僕の周りは結構こういう人多いです。
ただしこれは事業レベルやその人のタイプなどによっても異なるので
別にこれが正解というわけではないです。

※※僕が心理カウンセラーとして3年くらい迷走していた頃は、
先の大きなビジョンばっかり描いて現実は何も変わらない
みたいなことをずっとしていた気がします。

 

 

ただ僕にも、

超長期の目標はあります。

そしてそれを、自分の行動指針として常に持っています。

 

超長期というのはどのくらいかというと、

10年スパンでの目標です。

 

僕はこれを、
2015年の4月に立てました。

名付けて、「人生40ヵ年計画」

 

今日はそれを、発表してみたいと思います。

 

 

和田の人生40ヵ年計画

20代で、道を決める。
30代で、確立する。
40代で、勝負に出る。
50代で、世界を担う。
60代で、次世代を育てる。

 

 

この計画を立てたのは、僕が28歳のときでした。

どうしても20代のうちに独立したい。
どう生きていくのか、自分の道を決めたい。
そう思っていた頃でした。

明文化したのは28歳のときでしたが、
「20代で、道を決める。」
というのは、
僕にとってずっと考えていたことでした。
自分にとって決して譲ることのできないものでした。

そしてその1年後、29歳で、
中途半端になってしまっていた自分と決別し、
自分の道を決め、独立することができました。

 

30代は、この選んだ道で、
コンサルタントとして、経営者として、
人の人生を扱う専門家として、
道を確立すべく、実力を高め結果を出していきたいと思っています。

40代以降はまだまだ漠然としていますが、
こういう人生にしていきたいなというイメージがあるんです。

 

 

さてさて、
知っている方なら、気づいたかもしれませんね。

 

この「人生40ヵ年計画」、受け売りです。笑

 

はい。

ソフトバンク創業者の孫正義氏

「人生50ヵ年計画」を元にして、

自分で作ってみたものなんです。

 

僕がこれを作った当時、
孫さんのスピーチの動画を見て
「うわーーーーかっけーーーー」と思い、
自分もそういうのを作ってみようと思ったんです。

 

孫さんのスピーチ、こちらです。
熱いメッセージなのでぜひ見てみてください。

※「人生50ヵ年計画」が出てくるのは、
ちょうど30:00あたりです。

 

孫正義 LIVE 2011「【志】を語る」 ①

ソフトバンク代表取締役社長 孫正義が【志】を語る 新卒採用学生向け講演会でのプレゼンテーション

 

スピーチの中で出てくる、
孫さんの「人生50ヵ年計画」はこちらです。

 

孫正義氏の「人生50ヵ年計画」

20代 名乗りを上げる
30代 軍資金を貯める
40代 ひと勝負かける
50代 事業を完成させる
60代 次の世代に事業を継承する

 

孫さんは19歳のときにこの計画を立て、
そして今年60歳を迎える今まで、
この目標通りに進んでいるみたいなんですね・・!

いや、ほんとかっけえなあと思います。

 

僕も、まずはこの30代の10年、
描いたイメージを実現させられるように、
突き進んでいきます!

 

これを読んでいてもしピンときた方がいたら、
「人生◯十ヵ年計画」
作ってみてはいかがですか?

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

セールスができないカウンセラーは、クライアントを不幸にする

起業コンサルタントの和田洋祐です。

昔ね、
僕はとあるカウンセリングを受けてたんです。

 

でね、結論から言うと、

 

僕の解決したかった悩みは、
解決しなかったんです。

 

 

なぜだったのか?

 

 

そのカウンセラーの、
カウンセラーとしての実力が低かったから?

 

いいえ。
それは違います。

 

その人のセッションはすごく良かったし、
たしかにこれで良くなっていきそうな感じは
あったんです。

 

 

では、なぜ解決しなかったのか?

 

そのときはよくわかりませんでした。

 

 

でも今ならわかります。

 

 

それは

 

そのカウンセラーが、
セールスができなかったから

 

です。

 

03694cae8183565e8b05a9852c4634b7_s

 

・・・

セールス・・?

それとカウンセリングに何の関係が??

 

 

そう思うかもしれません。

しかし、関係は大アリなのです。

 

 

 

ちょっとわかりやすく解説しますね。

 

 

そのとき僕が解決したかった悩みは、
たぶん1回のセッションでは
解決しないものだったんです。

でも、その1回のセッションを受けて、
良くなっていきそうな感覚はありました。

だから、継続して受けていけば、
悩みが解決しそうな感じでした。

 

もちろん受けるクライアント側は、
どのくらいの頻度で何回くらい受けたらいいかとか
そういうことまではわかりません。

でも、
「もうちょっと受けたほうがいいのかもな~」
くらいは感じてたんです。

 

でも結局、
カウンセラーの方から最後に言われたのは、
こんなことでした。

 

「また何かあったら連絡してくださいね♪
そのときはまたカウンセリングさせていただきます♪」

 

 

そして僕は、
それから連絡することはありませんでした。

そして結局、僕の悩みは解決しませんでした。

 

 

 

考えてみてください。

 

◼︎次、どんなタイミングであと何回くらい受けたらいいのか?

◼︎お金もかかるし、、本当にまた連絡して受けたほうがいいのか?

◼︎今日このまま終わるのと、次また受けるのとでは、何がどう違うのか?

 

こんなこと、
クライアントがわかるわけないのです。

 

これをわかるのは誰なのか?

 

それはもちろん、
専門家であるカウンセラーです。

 

だからカウンセラーは
クライアントの悩みを解決するために、
専門的観点に基づいて、
本当に必要なことを
クライアントに提案(=セールス)する必要があるのです。

 

多くの人が勘違いをしていますが、

セールスとは、
「モノを売りつけること」ではありません。

 

セールスとは、
「お客様の問題解決のために
専門家として本当に必要なことを提案すること」

です。

 

 

例えばこんなふうに。

「○○さんの状況だと、今日のセッションではここくらいまでいけます。
ただ、○○さんが望まれているように根本の解決をするためには、
今日のようなセッションを2週間に1回、合計5回ほど受けていただいて、
その間もメールでサポートさせていただくのが一番いいと思います。

いかがですか?」

こういう内容を、きちんと提案するのです。

カウンセラーが売って儲けるためではありません。

クライアントの悩みを解決するためです。

 

 

ぶっちゃけ、
こういう提案ができないのって、

「自分が嫌われたくないから」

でしょ?

 

「売り込んでると思われるのが怖いから」

でしょ?

 

自分から提案するのが怖いから、
どうするかの判断をクライアントに押し付けてるだけです。

 

セールスができない人は、
結局は自分視点なのです。

 

敢えて悪い言い方をすれば、

「クライアントより、自分が大切」

なのです。

 

もちろん、
「必要のない人に売りつける」という
「押し売り」は絶対ダメですが、

「必要な人に提案できない」のも、
それと同じレベルでダメです。

だって、どちらも
クライアントの悩みの解決に
つながらないという意味では同じことだから。

 

だから、
本当にクライアントの悩みを解決したいという
想いのあるカウンセラーなら、
正しいセールスを身につけることは必須です。

カウンセリングのスキルだけでは
解決できないのです。

 

正しいセールスは、
人を幸せにするものです。

 

僕のコンサルティングでは、
お客様を幸せにするセールスを、
知識だけではなくロープレなども徹底して行なって
しっかり身につけてもらいます。

なぜなら、
本当にクライアントを幸せにする
専門家になってほしいから。

 

僕は、
クライアントを幸せにしたいという想いを持ち
実際にそれを実現できる人が増えていってほしいと思って
コンサルティングを行なっています。

 

正しいセールスを身につけて
お客様を幸せにしたいという方は、
ぜひ個別相談やプレセミナーに来てみてくださいね。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー&個別相談 参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期
プレセミナー&個別相談 詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐