あなたのSNS・ブログからお申込みが入らない単純明快な理由

赤ちゃんWHAT!?

起業コンサルタントの和田洋祐です。

「これから自分で発信をしていこう」
と思う人がすぐに始めやすいのが、
SNSやブログなどですよね。

起業するかどうかはまだはっきりとは決めてなくても、
まずは発信してみる、
という段階もありますよね。

 

でもそんな段階の人たちがよく陥ってしまう

「もったいなさすぎる勘違い」

があるのです。

 

本当はあなたの発信、
もっと広がっていくかもしれないのに、
こんな勘違いをしてたらもったいなさすぎます。

でも意外と多いんだこれが。。

 

その勘違いとは何なのでしょう?

 

 

まずはこんな発言が出てきたら要注意

「やっぱ私にはこういうの向いてないと思ったんです」

「やっぱこの業界は難しいですよね〜・・」

「やっぱFacebookはもう厳しいんですかね〜・・」

「やっぱ私、文章とか苦手なんですよね」

 

 

こういう発言が出てきたら、かなり要注意です・・・・・

 

もったいなさすぎる勘違いをしている可能性があります・・・・

 

 

もったいなさすぎる勘違いその①:見る人の数が・・・

そういう人のSNSとかブログを見ると、
もう一瞬
原因がわかってしまったりするわけです。

 

 

えーーーーーーーーっっ

 

にゃんこ
にゃんこ

 

Facebook、友達300人しかいないやんーーーーーーーーーーーーー

アメブロ、読者50人しかいないやんーーーーーーーーーーーー

 

それで、

それで、、

どーやって集客すんねーーーーーん( ゚д゚ )

 

 

例えばですね、

地域に配るチラシで考えてみてください。

 

例えばこんなこと言ってる人がいたらどう思いますか?

 

「チラシ、10枚配ってみたんだけどお店に1人も来なかった・・(T_T)
やっぱ私には向いてないんだ・・・」

 

驚愕ですよね。
驚愕。

 

「ええええーーーーーーー
いやいや、もっと配れよーーーーー!!( ゚д゚ )」

ですよね。

※ちなみにチラシは1回で5,000枚とか10,000枚とか配ったりします。

 

チラシで考えるとわかりやすいですが、
SNSやブログだと同じことをやっている人が多いのです。

内容とか業界とか媒体とかの前に、
見てる人が少なすぎたらどうやっても集客できないですよね。

 

 

もったいなさすぎる勘違いその②:発信の数が・・・

これもすごく単純な話ですが、

たまにしか発信してなかったら
たまにしか人の目に触れないわけで、
それほど人の記憶にも残らないし、
当然お申込みは入りづらくなります。

 

「信頼」は、積み重ねです。

一発の発信で心をつかめるほど、甘いものではありません。

毎日発信するというのは最低条件かなと思います。

 

あと、よく言われるのが、

「でも毎日となると、書くことがなくなっちゃうんです・・」

 

これはですね。

みんな、そうです。

誰でもいきなり書けるようにはなりません。

だから毎日書くんです。

「必ず毎日書く」と決めているからこそ、
日々の中にアンテナを張ることができ、
ネタが見つかり、
想いに気づき、
文章力が上がり、
写真のセンスも上がり、
どんどん発信できるようになっていくのです。

「気が向いたら書く」ではもちろん書けるようになりません。

 

 

もったいなさすぎる勘違いその③:そもそも何に申込めば・・・

うーーん。

これも意外と多くてびっくりします。

 

相談者Aさん:「申込みとか問合せとか全然なくて・・」

和田:「そうなんですね。・・・ちなみにAさんの商品って何ですか?どこから申込めますか?」

Aさん:「あ・・えーっと、、まだ商品とか決まってなくて・・申込みとかも作ってないんです」

和田:「そうなんですね。・・・えっとじゃあAさんは、何へのお申込みがほしいんですか?」

Aさん:「うーーん、、なんか問合せとか来たらいいかなって・・・」

和田:「( ゚д゚ )」

 

当然ですがお客様の目線に立ったら、
何のサービスがあるかわからない人に申し込めないですよね。

 

上見てる女の子

 

ではそこから一歩進んで
何か商品を作ったとします。

Facebookやブログの文末には、
サービスの概要みたいなのが載っています。

でもやっぱそれだけじゃ不十分なわけです。

そんなサラッと概要書いてあるだけじゃ、
見ている人としては安心できないのです。

たとえ安くても、無料であっても、
何かサービスに申し込むというのは、
申し込む側にとっては少なからずハードルの高い行為なわけです。

そんな人のために、
きちんとサービスの告知文を書くのは、
やはりお客様目線に立ったやり方だと思います。

 

というわけで、
何かしらか商品・サービスを作り、
それをしっかり告知するというのは必須なことになります。

そうしないといくら発信の内容が良くても、
目に見える結果にはつながりませんよね。

 

 

まとめ

簡単に、
「私には合わない」とか
「これは違う」とか
「難しい」とか
思わないでください。

 

集客以外でもそうです。

意外なほど多くの人が、
単純すぎるやり方や考え方を知らないだけだったりします。

それを知らないだけで諦めたりしてしまうのは、
本当にもったいないことです。

 

 

ちょっと厳しめに書いてしまいましたが、
本当にもったいないことなので、
心当たりのある人は、
ぜひ一度きちんと人から教わることをおすすめします。

それだけで、世界が変わるはずですから。

 

【想い起業塾】
~やさしい想いをカタチにする~

プレセミナー参加受付中!

◆詳細はこちらからご覧ください
*想い起業塾 第2期 プレセミナー詳細*

 

◆人生や起業のヒントが見つかるメルマガ配信中
登録はこちらから♪

◆LINE@で無料人生相談できます( ˘ω˘ )
[和田洋祐の人生相談]
友だち追加

◆Facebookでプライベートなども発信しています
和田洋祐 Facebook(友達申請歓迎です♪)

起業コンサルタント
和田洋祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA